Office Tina ~ Le Vent ~

真実を知る勇気とは、現実をしっかり見つめるということ。 それが自分を信じる力になっていきます。 身近にある愛すべき美しいモノたちと共に、鎌倉に吹く風を感じながら日々のことを綴っています。 L'amour est comme le vent, nous ne savons pas d'ou il vient.

タグ:OfficeTina


31Bz9NDYsJL._SX344_BO1,204,203,200_




数年前から構想を練り、昨年6月に原稿を書き上げました本が
やっと出版の運びとなりました。

先ほど、出版社から初版確認の連絡が参りまして
本日、皆様にお知らせ出来ることになりました。

amazonのみの限定販売となります。

「風のことば」~その向こうへ~は
鎌倉の四季の写真を織り込みながら、4人の女性が成長していく姿を描いた
写真と詩も楽しめる物語になっています。
本の装丁デザイン及び写真もすべてわたくしが手がけております。

ぜひ、お手に取ってお読みいただけましたら、著者として大変嬉しく思います。


また、出版に当たりましては、関係者の方々に大変お世話になりました。
ここに深くお礼申し上げます。


射手座の満月に
感謝をこめて




2019年6月17日 
真山ヒロ(ティナ)

出版までの道①
http://officetina.livedoor.blog/archives/18505665.html



*下記リンク先、または、PC版サイドバーよりお買い求めいただけます。

Amazon限定販売

季節の風を感じながら鎌倉に暮らす
四人の女性たちの物語







IMG_4144
Photo by tina

6月17日17:31 射手座で満月

今回の満月は、昨年11月8日から一年間続く幸運の木星期間に起こる
12年に一度の最大パワーの射手座の満月です。
まさに、ジュピタームーン!

令和に入っての初めての満月がウエサクの満月。
そして今回は、幸運期最大のエネルギーを持った射手座の満月。
令和は、スタートからパワフルですね。


ちなみにアメリカでは6月がイチゴの収穫期にあたることから
6月の満月をストロベリームーンと呼ぶのだとか・・・


さて、この射手座満月の最大のポイントは「自分自身」
射手座は、矢を射るがごとく、理想に向かってスピーディーに変化を促す星座です。

しかし、自分自身の表も裏も深く知ることでこそ
その人の持つパワーも最大限に発揮されるというもの。

射手座の満月は、自分自身を深く見つめるのにもピッタリの日です。



☆いて座のキーワード
・哲学的・自分自身・真実の追及・向上心・心の安定・直感・自発性・海外



☆いて座を象徴するエッセンシャルオイル
・ブラックペッパー・ジンジャー・パインン

☆いて座を助けてくれるハーブ
・ジャスミン・レモンバーム・シナモン・ジンジャー


☆いて座が表す体の部位
・大腿部


射手座の支配星である木星には、哲学、宗教、高等教育と言った知的レベルなキーワードが並びます。
もうひとつ、拡大というテーマも持つ木星ですが、逆に広がり過ぎる危険性も伴います。
陰と陽・表と裏が示すように何事もバランスが大切ということでしょうか・・・
わたしは、今日、諸々報告を兼ねて父のお墓まいりに行ってきました。
これで、射手座の満月を迎える準備もOKです。

みなさまも、どうぞステキな満月をお過ごしください。


ティナ



FullSizeRender
photo by tina
Unauthorized reproduction prohibited photos)


パリの街角を曲がるたびに、美しいグラデーションの花束に出会います。  
冬でも白い色が多いのは、無彩色を求める人が多いからでしょうか・・・

光りを反射する最も明るい白い色たちは、暗くダークな色の引き立て役でもあります。
歩いていると本当にブラックカラーが多いパリには、最もお似合いな色なのかもしれません。

光と影・・・どちらもセットです。


ティナ

*Parisの様子はカテゴリー「Tina's café」または「ParisⅡ」からまとめてご覧になれます。


officetina2019.01-2

photo by tina
Unauthorized reproduction prohibited photos



ギリギリまで仕事をして、慌ただしく出国。
昨夜、無事にパリ研修から帰ってきました。


一日のうちに目まぐるしくお天気が変わるパリの空ですが
この日は、朝からずっと青空が続き、ほんの少しだけいつもより暖かな日でした。

今回のParisもパリコレで賑わってはいましたが
観光客も少なく、特に教会では、とても静かに祈りを捧げることができました。
この雲一つない青い空は、冬のパリでは珍しいことなのだそうです。

こころ落ち着くマリアブルーの空の下
手を合わせることが出来たことにこころから感謝でした。

旅の記録は少しずつUPしてまいりますので
のんびりお付き合いください。

写真は、Paris6区にあるサン・ジェルマン・デプレ教会です。
現在Parisに現存する最古の教会になります。

*HP更新しています。



ティナ

*Parisの様子はカテゴリー「Tina's café」または「ParisⅡ」からまとめてご覧になれます。

FullSizeRender
photo  by tina



いちごは、フルーツだとばかり思っていたのですが
農林水産省では、いちごを「果実的野菜」に分類しているそうです。

果物的野菜というとてもあいまいな存在ですが
朝に真っ赤ないちごを食べると元気になるような気がします。
今朝は、お客様からいただいたいちごを食べて朝から夜まで走り通しでした。

ハートの飾りは、箸やスプーンを載せるものだそうで
イギリス人陶芸家のケイトさんの作品。
彼女は、北海道で「BENNUGallrey&Cafe」というギャラリー&カフェを
経営していらっしゃるそうです。

旅先で買い求めたものですが、このハートを見るたびに
いつかケイトさんのcaféにも行ってみたいなと思うのです。
赤は行動の色だから・・・

ティナ


FullSizeRender
photo by tina


夕暮れの海が美しく輝いていて、わずかの時間でしたが由比ヶ浜を歩きました。

今日は、氏神様の境内でどんど焼きが行われていました。
子供の頃を懐かしく思い出しながら、無病息災を祈りました。
どんど焼きは地方によって呼び名もいろいろのようです。
本来、左義長と呼ばれる火祭りのことで、鶴岡八幡宮では、明日行われるようです。

どんど焼きの由来や詳細はこちらから→



ティナ



FullSizeRender




表紙に惹かれて購入。
まるで大好きなパリを歩いているように読める本♡ 
そして、なかなか深い人生観を表す言葉がちらほら出てくるのです。


ティナ



「難民問題、テロ事件、差別の歴史……。 世界は混沌としていて、人生はほろ苦い。 だけどパリのおじさんは、今日も空を見上げる。 軽くて、深くて、愛おしい、おじさんインタビュー&スケッチ集」


パリのすてきなおじさん
金井 真紀
柏書房
2017-10-24

FullSizeRender


東京では、午前中、雪がちらついたというニュースに
思わず空を見上げました。

曇り空の今日は父の月命日でした。
温かな色のお花を選んでお墓参りに向かいました。

ご住職の奥様に
「寒い中ようこそお参りくださいました」と声をかけられ
「今年もよろしくお願いいたします」と頭を下げます。

年末にお掃除をしたのに、たまたま鳥のいたずらでしょうか、
お墓が少し汚れていました。
冷たい水で洗い流すと手が真っ赤になり痛いほどです。


あまりの寒さに思わず、駅前で焼きたてパンを買って帰りました。
膝の上にのせるとほんわりと温かいパンが
あっという間に冷たくなってしまいましたけれど。

冷たい雨が雪に変わりませんように・・・

ティナ

FullSizeRender

まるでお花が咲いたように可愛らしいプリン♡

仕事を終えてからのランチミーティングでいただきました!

オーナー曰く
シンプルだからこそ、素材は厳選したそう!
こだわりの卵と
あのハーゲンダッツも使っているという
濃厚牛乳で作っているのだそうです。

口に入れるとトロリととろけるような優しいお味に
とても、癒されました♡


本当の思いやりは
このプリンの優しさに似ているのかもしれません。

シンプルな生き方にも通じるものがあって
オーナーさんのその想いに感動しながらいただきました。





ティナ

FullSizeRender

昨日は、仕事を終えてからさらに夕方から、打ち合わせがあり
尚且つ一昨日は、徹夜だったので、さすがに疲れ早寝をしました。
blogをUPしようと思いながら、眠ってしまったという・・・


さて、写真は、昨日の朝のOffice。
窓辺に写るシルエットが美しくて、思わず写真を撮りました。

左のふたつの子たちはパリの蚤の市出身。
もちろん、リネンのカーテンもパリ蚤の市のもの。
右側は日本のアンティークと中の小瓶はイギリスアンティーク。

時を経ても美しいものは、本物だから残り続けるのだと思います。

しばらくは、ダブルワークが続くわたしを癒してくれるのは
Officeにあるこんな小物たちなのかもしれません。

ティナ

↑このページのトップヘ