Office Tina ~ Le Vent ~

真実を知る勇気とは、現実をしっかり見つめるということ。 それが自分を信じる力になっていきます。 身近にある愛すべき美しいモノたちと共に、鎌倉に吹く風を感じながら日々のことを綴っています。 L'amour est comme le vent, nous ne savons pas d'ou il vient.

タグ:GAKUTO


梅雨の晴れ間に
空にぽっかりと浮かんだ入道雲を眺めながら
「もう7月。夏・・・」と呟く。



今年の春は、卒業式も入学式も
中止や規模を縮小しひっそりと行われた。


それを受けて
GAKUTOが毎年続けていた卒業式サプライズも
今年は、Mステで配信された。
わが家にはTVがないので
残念ながら視聴できなかったのだが
今年もかっこよかったんだろうな。と思う。


卒業式サプライズでは、年一回しか歌わないという
「野に咲く花のように」が歌われる。
 
歌い終るとGAKUTOが言う。
「キミたちのほんの少し前を歩く人生の先輩としてこの言葉を贈ります」
「夢は見るものじゃない、
夢は叶えるもの。
そして夢を叶えること、それは強い意思を貫くこと。
キミたちの未来に期待します。 
卒業おめでとう」


毎年卒業生
に向けてエールを贈り、このサプライズライブが終わる。


>強い意思を貫くこと

私も決して意思が強い方ではない。
だからこそ、コツコツと丁寧に生きることを心がけている。
人生の最後はやり切って終えたいから。


今年のGAKUTOのサプライズは、全国版だったけれど
GAKUTOからこの言葉をもらえた彼らの将来が、本当に楽しみ。


それと同時にコロナ禍でお亡くなりになった方たちの
ご家族のこころの痛みも想う。

紫陽花観光客であふれ出していた鎌倉の6月。

道端の紫陽花で十分満足した私は
結局、今も自粛生活を続けていて
紫陽花も一度も観に行かなかったな。


日本が、世界が、相手のことを思い
希望に満ちて過ごせる日々が
早く訪れることを願う夏の始まり。


Office Tina

真山ヒロ(ティナ)

❦こころのコーディネーター
・life designer
・color coordinator&therapist
・aroma therapist
【著書】




実は、GAKUTOの写真集を持っていたことがあります。
わたしにはないストイックなその生き方に魅力を感じたのが最初でした。
彼の言葉の中で強烈に印象に残っているのが
下記のお話です。

・・・・・・・・・・・・・・


僕は19歳までは本当にネガティヴで排他的で
生きることに意味を見いだせない人だったんだ。

でも、そこがターニング・ポイントだった。
たまたま、自分の先生みたいな実業家の人に出逢って教えを受けたんだ。
だから、僕の人生は19歳からはじまっているわけ。
ある日、その人が言ったんだ。

『世の中で結果を出せない人間っていうのは
「①知る②覚える③考える④動く」という順番で行動する。

でも
世の中で結果を出す人間っていうのは、

「①知る②覚える③動く④考える」という順番で動くんだよ』って言ったんだ。

知ると覚えるはきっかけで、
考えてから動くか、動いてから考えるか、
たったそのちがいで
人の人生は大きく変わるんだと教えてくれた。


だから、とにかく動けって。
できないヤツは、動いてないヤツなんだって。

しかも
「この4つの行動の中に重要なメッセージが隠されてるんだよ」って言われて。
さっきの漢字をつなげて読んでみろって言うわけ。

それが、「知・覚・動・考➡とも・かく・うご・こう」


動けってことなんだよ。

とにかく動けって。

動いた後にどうするか、
工夫を考えろって。

それの繰り返しなんだよ。

その繰り返しのサイクルが早ければ早いほど結果が出てくるし
成長のスピードも早くなってくるんだよ。

みんなそのスピードが遅いんだよ
なぜかっていうと、動いてないから」

・・・・・・・・・・・・・・

GAKUTOはとても素直で純粋な人なのだと思います。
どんなにすばらしいことを教えられても伝えられても
そのひとが実行に移さなければ結果はでません。

尊敬する人の言葉は、即実行する。
それは、彼が自分を変えたいとこころからそう思ったからでもあるのでしょう。

この「知覚動行」についてGAKUTOがblogに書いています。
https://ameblo.jp/gackt/entry-12303186767.html
ご参考まで。



Office Tina
真山ヒロ(ティナ)


◆「風のことば」過去のご感想は、こちらから⇒
◆「風のことば」amazonレビューはこちらから⇒
♡わたしの想いを綴ったカテゴリー「風の言葉」はこちらから⇒
◇YouTube  はこちらから⇒☆ 














↑このページのトップヘ