Office Tina ~ Le Vent ~

真実を知る勇気とは、現実をしっかり見つめるということ。 それが自分を信じる力になっていきます。 身近にある愛すべき美しいモノたちと共に、鎌倉に吹く風を感じながら日々のことを綴っています。 L'amour est comme le vent, nous ne savons pas d'ou il vient.

タグ:風のことば

IMG_8170
今日は、14時までに、会員向けサイトの全ての確認を終え
いつもの年より、ちょっと早めの仕事納めになりました。
理由は、年末のプライベートの予定が多いことと
年始の仕事が早まったからです。

朝は、氏神様にもお参りをして
今年一年の御礼を申し上げてきました。

あっという間の一年でしたが
会員の皆様の成長も素晴らしく
わたくしにとりましても実りの多い年でもありました。

午後からは、行きつけのカフェで美味しいお紅茶をいただいて
つかの間の、息抜きを・・・・
おかげさまで、スッキリとした空間で
とても静かな時間を過ごすことができました。

明日からは、プライベートでやり残したことに集中です。

❦こころのコーディネーター

Office Tina
真山ヒロ(ティナ)

・life designer
・color 
coordinator&therapist
・aroma therapist
writer

FullSizeRender
思いがけず
憧れのピアノを弾かせていただくことになり
願いが叶った日。

風は強かったけれど
午後の日差しが穏やかに優しくピアノを照らし
とても気持ちのよい一日でした♬



❦こころのコーディネーター

Office Tina
真山ヒロ(ティナ)

・life designer
・color 
coordinator&therapist
・aroma therapist
writer

FullSizeRender
早朝、久しぶりにいつものカフェへ向かう。
既に、親しい人たちが集まっていて
「おはよう」「久しぶり」と声を掛け合う。

それぞれが席を譲りあって
一通りご挨拶をしてから海沿いを歩き
氏神様を参拝する。
遠くに海が見えて、キラキラしている。

最近は、特に忙しい日が続いていて
ゆっくりと町を歩く日もなかったことに気づく。

ご近所のオーナーさんたちが
お店から顔を出して、
「おはよう。元気にしてた?」
と、声をかけてくださる。

もう、この町に住んで15年以上が過ぎたことに
今さらながら驚く。

ゆっくりと町内を一周して
改めて
「この町が好きだな。」と思った朝。


❦こころのコーディネーター

Office Tina
真山ヒロ(ティナ)

・life designer
・color 
coordinator&therapist
・aroma therapist
writer


IMG_8139

倉敷に向かう少し前に
北へ向かう新幹線に乗りました。



新幹線を待つ間にホームが
美しい夕焼けに包まれました。

寒い地方ならではの
凛とした空気感が私は大好きです。


❦こころのコーディネーター

Office Tina
真山ヒロ(ティナ)

・life designer
・color 
coordinator&therapist
・aroma therapist
writer



IMG_8384
観光は、すべて
車窓からだったけれど
空港でのお見送りに、一番、感動♡

整列して、機体が動きだすと手を振ってくださって
滑走路に向かうと、向きを変えられて・・と
ちょうど、私の席が真横だったこともあり
離陸まで丁寧にお仕事に向き合う姿に驚きました。

今度は、観光でゆっくりとおじゃましますね。

※観光の様子(笑)はインスタストーリーにて
(インスタストーリーは、投降後24時間で削除されます)


❦こころのコーディネーター

Office Tina
真山ヒロ(ティナ)

・life designer
・color 
coordinator&therapist
・aroma therapist
writer





2019年6月17日
「風のことば」が出版された日


風のことば―その向こうへ―
真山ヒロ
ギャラクシーブックス
2019-06-17


今日届いたお客様からのメッセージに
この本の
第二章に登場するイワガラミのお話しが書かれていました。

実際にご覧になったイワガラミの美しい花と
本の内容がリンクして忘れられない思い出のひとつになっているのだそうです。

イワガラミは、6月初旬に真っ白な花を咲かせます。

北鎌倉時代は、毎年この花を見るのを楽しみに東慶寺さんに出かけたものでした。

本が出版されてから、イワガラミを見に行きたかったのに・・・
というお声をよくお聞きしました。

残念ながら2019年を持ってイワガラミの公開は終了になってしまいました。


>再三の呼びかけ、注意喚起にもかかわらず、参拝者のマナーが向上されなかったため・・・・

写真がブームになるのは、素晴らしいことですが
そのためにマナー違反をするのは、とても寂しいことですね。

食事やスイーツの写真も、撮影だけして食べ残す方も多く
>一生懸命作っているのに・・・
と、オーナーさんが嘆いておられるお店もあります。

ひとりひとりが小さなことから、マナー向上を心がけていきたいものです。


❦こころのコーディネーター

Office Tina
真山ヒロ(ティナ)

・life designer
・color 
coordinator&therapist
・aroma therapist
writer





IMG_5441


この秋、「風のことば~その向こうへ~」のご購入者様から下記のメッセージをいただきました。

私自身、こちらのメッセージをいただいて、とてもこころが熱くなりました。
掲載の許可をいただきましたので、こちらでUPさせていただきます。

※一部本文内容を含みます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
 「風のことば~その向こうへ~」
第二章 秋色のオルゴール 〜天空のペガサス〜より

第二章を読むと、亡き父のことを思い出します。最後、耀子が母に手紙を書くところでは、父に手紙を書きたくなり、二章の詩を読んで涙ぐんでしまいます。
満点の星を見ながらこの星をえらんで生まれてきたことがすごいことだ、と耀子のお父さんが話すところで、今の日本を思いました。

この世に生まれてくるという奇跡に手を加えて、歪んだものを作ろうとしているコロナワクチン騒動は、本当に異常なことだと思いました。
それと同時に、私が子どものころ、父に星を教えてもらっていたことを思い出しました。手回しのオルゴールの音色や感覚を思い出しながら、オペラに詳しかった父を思い出します。
絵画が好きだった父は、絵が上手だったと聞きました。今、父が生きていたら何と言っただろう、と思います。

『わたしが わたしであることは ずっと かわらないのだから』の言葉が胸に響きます。命をもらって両親のもとに生まれ、生きていることに感謝します。
コロナ禍の日本で元気に生活していることに感謝します。美しいものに触れて、前を向いて美しくいようと思いました。
読むたびに五感を刺激してくれて、その時の自分に寄り添ってくれる「風のことば−その向こうへー」に感謝しかありません。
ありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

Aさま、ご購入ありがとうございます。
そして、いつも定期的に読んでくださっているとのこと、
ありがとうございます。

「風のことば~その向こうへ~」は、2018年の初夏に数年かかって書き上げ
2019年6月にやっと出版されました。

その2019年の終わりから、世界も日本も異常な状態になっていきました。
しかしながら、どんな状況であっても、私たちの中心が動かなければ
世界がどう変わろうと自分は変わらないという想いも、この本に込めて書き上げています。

『わたしが わたしであることは ずっと かわらないのだから』


自分で考え判断して生きる女性を「Office Tina」は応援しています♡


❦こころのコーディネーター

Office Tina
真山ヒロ(ティナ)

・life designer
・color 
coordinator&therapist
・aroma therapist
writer

風のことば―その向こうへ―
真山ヒロ
ギャラクシーブックス
2019-06-17





 FullSizeRender

夕暮れのピンク色から茜色に染まる時間に
砂浜を歩きました。


波の音と冷たい潮風と
覚えたての歌を歌いながらの海散歩。

少しずつ、厳しい冬が近づく海だけれど
オレンジ色の温かな色に元気をもらって帰宅しました。




※動画は、インスタストーリーに投稿しています。



❦こころのコーディネーター

Office Tina
真山ヒロ(ティナ)

・life designer
・color 
coordinator&therapist
・aroma therapist
writer


FullSizeRender
今日は、朝から冷たい雨でした。
お天気が良かった先週のこと

お散歩がてら、鎌倉文学館へ行ってきました。




「作家 身の回り その2」が開催されていて
小津監督の小物たちに、私は引き寄せられてしまいました。
その中に、はっとするほど鮮やかな赤く美しいケトルがありました。

それは、北欧のメーカーのものだったのですが
あの時代に海外から持ち帰ったことを考えると
美を感じる感性の凄さを感じずには、いられません。


帰宅後、小物を中心に別の角度から
改めて、映画「彼岸花」をみたわたしです。

それは、小津監督の初のカラー映画にふさわしい
美しい映画でした。




Office Tina
真山ヒロ(ティナ)


◆「風のことば」過去のご感想は、こちらから⇒
◆「風のことば」amazonレビューはこちらから⇒
♡わたしの想いを綴ったカテゴリー「風の言葉」はこちらから⇒
YouTube  はこちらから⇒☆ 

風のことば―その向こうへ―
真山ヒロ
ギャラクシーブックス
2019-06-17






連日深夜まで仕事が続いていたのに
目覚ましより早く起きた朝は
それだけで、ちょっと特をした気分になる

おはよう!と窓を開けて空につぶやく !

こころの窓も同じ・・・・

閉じればネガティブ
開ければポジティブ


仕事でへこんだ週末を
救ってくれたのは
そんな窓を開けた朝・・・


風のことばが聞こえた日




Office Tina
真山ヒロ(ティナ)


◆「風のことば」過去のご感想は、こちらから⇒
◆「風のことば」amazonレビューはこちらから⇒
♡わたしの想いを綴ったカテゴリー「風の言葉」はこちらから⇒
YouTube  はこちらから⇒☆ 

風のことば―その向こうへ―
真山ヒロ
ギャラクシーブックス
2019-06-17


↑このページのトップヘ