Office Tina ~ Le Vent ~

身近にある愛すべき美しいモノを、鎌倉に吹く風を感じながら綴ります。L'amour est comme le vent, nous ne savons pas d'ou il vient.

タグ:紫陽花


梅雨の晴れ間に
空にぽっかりと浮かんだ入道雲を眺めながら
「もう7月。夏・・・」と呟く。



今年の春は、卒業式も入学式も
中止や規模を縮小しひっそりと行われた。


それを受けて
GAKUTOが毎年続けていた卒業式サプライズも
今年は、Mステで配信された。
わが家にはTVがないので
残念ながら視聴できなかったのだが
今年もかっこよかったんだろうな。と思う。


卒業式サプライズでは、年一回しか歌わないという
「野に咲く花のように」が歌われる。
 
歌い終るとGAKUTOが言う。
「キミたちのほんの少し前を歩く人生の先輩としてこの言葉を贈ります」
「夢は見るものじゃない、
夢は叶えるもの。
そして夢を叶えること、それは強い意思を貫くこと。
キミたちの未来に期待します。 
卒業おめでとう」


毎年卒業生
に向けてエールを贈り、このサプライズライブが終わる。


>強い意思を貫くこと

私も決して意思が強い方ではない。
だからこそ、コツコツと丁寧に生きることを心がけている。
人生の最後はやり切って終えたいから。


今年のGAKUTOのサプライズは、全国版だったけれど
GAKUTOからこの言葉をもらえた彼らの将来が、本当に楽しみ。


それと同時にコロナ禍でお亡くなりになった方たちの
ご家族のこころの痛みも想う。

紫陽花観光客であふれ出していた鎌倉の6月。

道端の紫陽花で十分満足した私は
結局、今も自粛生活を続けていて
紫陽花も一度も観に行かなかったな。


日本が、世界が、相手のことを思い
希望に満ちて過ごせる日々が
早く訪れることを願う夏の始まり。


Office Tina

真山ヒロ(ティナ)

❦こころのコーディネーター
・life designer
・color coordinator&therapist
・aroma therapist
【著書】



昨日のYahoo!ニュースを思わず
うなづきながら読んでしまいました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リトマス試験紙だったコロナ禍

コロナ禍によって暴かれたのは、良くも悪くもそれまでの人間関係でした。特に緊急事態宣言以降、わたしたちは身近な人々の言動に激しい怒りを感じたり、呆れ返ったりすることが明らかに増えたはずです。あえて辛辣な例え方をすれば、動物を用いた悪趣味な心理テストのように、家族や職場などの人間関係というものが、特定のストレスによってどう変化を遂げるかが試されたわけです。


https://news.yahoo.co.jp/articles/f8cb53d66b57b903f1970ed65df626f4354a347fより

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょっと、辛口ですが
Yahoo!ニュースがここまで書いてくれるとは!!


私は、人生の節目節目で
人間関係を見直してきたので
特にコロナ禍だからと言って、自分の対人関係を振り返る
ことはありませんでした。


ただ、しいて言えば
非常事態宣言に対する、各寺院や店舗のオーナーの対応に
人となりを見せられたように思います。


これは、まさに観光地で暮らしているからこそ
なのかもしれませんが・・・


日を追うごとに観光客や
他県ナンバーの車が増えています。



私自身は、まだまだ個人的な自粛を続けていて
急用でもない限り
電車や車に乗って出かけることはなさそうです。





Office Tina

真山ヒロ(ティナ)

❦こころのコーディネーター
・life designer
・color coordinator&therapist
・aroma therapist
【著書】

FullSizeRender
photo by tina

紫陽花をイメージした期間限定の玉手箱のお弁当♡
行きつけのcafeのモーニングメニューです。

こんなメニューがあるのも鎌倉ならではかもしれません。

あじさいの色ごとの花言葉は、「青=辛抱強い愛情」「ピンク=元気な女性」「白=寛容」。 
プレゼントには、ピンクのあじさいが好んで贈られているそうです。

ちなみに、わが家の紫陽花は、青と白です。
不必要に我慢強い私らしいかも・・・(笑)

ティナ

【書籍出版のお知らせ】
Amazonにて発売中

季節の風を感じながら鎌倉に暮らす
四人の女性たちの物語

*下記リンク先、または、PC版サイドバーよりお買い求めいただけます。





↑このページのトップヘ