Office Tina ~ Le Vent ~

真実を知る勇気とは、現実をしっかり見つめるということ。 それが自分を信じる力になっていきます。 身近にある愛すべき美しいモノたちと共に、鎌倉に吹く風を感じながら日々のことを綴っています。 L'amour est comme le vent, nous ne savons pas d'ou il vient.

タグ:真山ヒロ

FullSizeRender
photo by tina


週末にまだ美しく咲いているオオシマザクラを眺めながら
わたしは、あるお客様を思い出していました。

そのお家ではリビングから見える窓いっぱいに
大きなオオシマザクラが咲いていて
ある時、奥様が嬉しそうにこうおっしゃったのです。

「この窓から見える野生種のこの桜が好きでこの家に決めました」


オオシマザクラはソメイヨシノの花びらが散るころにまだ美しく咲いている桜で
ソメイヨシノなどの園芸品種を生み出した桜です。
また、桜餅には、このオオシマザクラの若葉が使われています。

近づくととても良い香りがします。
きっと今頃
あのお家のリビングには
この香りが、いっぱいに広がっていることでしょう。

花の香りは、人をしあわせにします。

ティナ




FullSizeRender
photo by tina

父の祥月命日の今日
行きつけのお花屋さんに
白い花束を作ってもらいました。

ストック-レースフラワー-カスミソウ-クリサンセマム

ストックの甘い香りが花束から香ります。

お墓に供えて手を合わせると
新たなスタートを
父が応援しているような気持ちになりました。

白い色は、はじまりの色。

FullSizeRender
photo by tina

満開の桜も散り始め
若宮大路のまだ若い桜も葉桜になりました
本当に花の命は短いですね

林芙美子の有名な言葉に「花の命は短くて、苦しきことのみ多かりき」があります
実際には、とても美しく儚いけれど力強い命を感じる詩です

風も吹くなり  雲も光るなり
生きてゐる幸福は  波間の鴎のごとく
漂渺とたゞよひ  生きてゐる幸福は
あなたも知ってゐる  私もよく知ってゐる
花のいのちはみじかくて
苦しきことのみ多かれど
風も吹くなり 雲も光るなり。


最初と最後の風も吹くなり 雲も光るなりという部分が
わたしは とても好きです。
命があるからこそ 花の命の短さを嘆くことも出来るのでしょう


彼女の生き方や性格などには批判もあるそうですが
47歳という若さでこの世を去った女流作家は
とても純粋なこころを持っていた人のように思います・・・

ティナ

FullSizeRender
photo by tina

桜が満開の鎌倉です。
わたしも昨日さくら散歩を楽しんできました。

今日は新学期に相応しい始まりを意味する大切な新月です


4月5日17:50牡羊座にて新月入り。

最近、自分らしい生き方をしていないな~と思われる方は
今回の新月は最大のチャンス。
12星座の始まりでもある牡羊座の新月に新しいスタートを切りましょう。
どんな小さなことでもよいので最初の一歩を勇気を持って踏み出すことが大切です。
それでは、牡羊座の新月のキーワードを見て行きましょう。

☆牡羊座の代表的なキーワード
自己主張・積極性・直進的・情熱
特に今回はスピードを伴います。

☆牡羊座を象徴するエッセンシャル・オイル

・ローズマリー
・ブラックペッパー
・ジンジャー
・ローズ
・ゼラニューム

*エッセンシャルオイルは、ぜひ純度100%のものを使いましょう。

☆牡羊座を助けてくれるハーブ

・サンザシ(ホーソン)
・ローズマリー
・チャイブ
・ラディシュ


☆牡羊座が表す体の部位

頭~鼻
(頭・目・鼻・脳など)



感覚を研ぎ澄ますのに最適な時です。
自然の中に出かけて五感を磨きましょう。


ティナ

 

FullSizeRender


劇団四季の「パリのアメリカ人
」を観てきました。


映画とは違い、ストーリー性を持たせた展開になっており
バレエの魅力がいっぱい詰まったミュージカルです。

谷桃子バレエ団の酒井大さんのジュリー役が見たかったのですが
思い通り願いが叶い、素晴らしい歌と踊りを楽しむことができました。

最後は3階席まで立ち上がっての
スタンディングオベーションと
終わらないカーテンコール!
ミュージカルってやっぱりステキ❤︎




ティナ

FullSizeRender
photo by tina


お彼岸の最終日に
いろんな報告もあって
父のお墓に手を合わせて来ました。

青空に桜色が美しい日です。


ティナ

FullSizeRender
photo by tina


朝の6時には目覚めて読みかけの本を手にとる。
目が辛くならない程度で読むのをやめてそこに「しおり」を挟む。


今はカラフルでおしゃれなブックマーカーがたくさん出ているけれど
本好きとしては、やはり「しおり」と呼ぶのが一番しっくりくる。


わたしの場合は手作りだ。
お気に入りのショップカードやポストカードをカットして自分で作る。


この本にはこれを使おう。。。というふうにその日選ぶのも楽しい。


今日は春分の日。
そして、もうすぐ満月入り。
でも、いつもと何も変わらない日常がそこにある。

ただ、天体は確実に動いていて
わたしも止まってはいない。

生きていれば
次のページ開くように必ず明日は来る。


ティナ

FullSizeRender
photo by tina


収玄寺さんの杏子の花が
太陽を浴びて美しい朝です。


杏子の花言葉は

早すぎた恋
乙女の恥じらい
臆病な愛
疑惑・疑い


桜よりほんの少し早く咲く杏子には 
ちょっと、寂しい花言葉がついています。


透けるように柔らかなピンク色は
本当は疑うことのない
未来を想う色のようにわたしは思います。


今日から春の彼岸入り。
ご先祖様にもこの優しい色が
届きますように♡



ティナ

FullSizeRender
Photo by tina


わたしが
わたしのために買う
バラ一輪は
いつもこの色


ピンクの淡いグラデーションは
わたしがわたしを
愛する色

いつものお花屋さんで
昨日みつけた
わたしのための
一輪の花


ティナ


IMG_0743

photo by tina


雨上がりの朝には、様々な記憶が蘇る。
目覚めてすぐに黙祷をした。

被災地で見たこと
出逢った方たちのことが
今もはっきりと思い出される。

ボランティアとしてのカメリアの会は
解散してしまったけれど
あの日のことは、忘れない。

これからも自分に出来ることを続けよう。
わたしは生きているのだから。
そして海は
今もこれからもずっと繋がっている。




ティナ

↑このページのトップヘ