Office Tina ~ Le Vent ~

真実を知る勇気とは、現実をしっかり見つめるということ。 それが自分を信じる力になっていきます。 身近にある愛すべき美しいモノたちと共に、鎌倉に吹く風を感じながら日々のことを綴っています。 L'amour est comme le vent, nous ne savons pas d'ou il vient.

タグ:真実

FullSizeRender
(※動画はインスタストーリーにUPしています。)


あまりの静けさに、窓の外を見ると
雪が降りだしていました。 


年末年始にかけて
今季は何度、雪をみたことでしょう・・・


このところ
冷え込みが厳しいとは思ってはいましたが


ふと、地球温暖化は本当か?という論争が浮かびました。


私自身は、感覚の人間なので
温暖化については、直感的に疑問を持っています


メディアの多くは、温暖化を主張し、学校でもそう教育しています。


対立する争いが生じた時、
誰が得をするか、利害関係を見るというのが
コロナ禍では、もっとも焦点が当たった部分かと思います。





真実という主張をしている人は明確に利益を受けているので、この主張の方が怪しい感じはします。そして嘘という主張の方が合理性は高いでしょう。
ただ、私たちは特に真実とも嘘とも決める必要はありません。どちらの主張もあるというくらいの認識で問題ありません。

学校の教育はいつの時代も必ずしも正しいとは限りません。学校の勉強の内容は文部科学省が制定しているだけなので、絶対的なものではないということです。

真実とも嘘とも取れるということで自分の頭の中にとどめておき、より詳細な情報が出たらまた再度判断するということで良いでしょう。

>地球温暖化が嘘という説が最近よく取り上げられていますが、確実に真実か嘘かを断定することはできません。しかし、真実派の利害関係をトータルで考えると、嘘派の言っていることはかなり信憑性があり、嘘の可能性も高いということです。


2022年は、温暖化の問題に限らず、コロナ禍においても
周りに振り回されず
私たち自身、自分がどう感じるかを、大切にしてい生きて行くことが
さらに大切になるのではないでしょうか・・・


❦こころのコーディネーター

Office Tina
真山ヒロ(ティナ)

・life designer
・color 
coordinator&therapist
・aroma therapist
writer






彼女のこの声をBGMに、今日は、仕事関係の本を読みました。

その存在こそが奇跡と言われるAretha Franklin

「魂を揺さぶるほどの天才と言われる人は、
時代とともにいなくなりましたね」
という話を、昨日出逢ったステキな画家の方とお話したばかり。

経済優先主義の世界になり
本当にいいものが作られなくなってしまった結果かもしれません。

感じとるこころがなければ、魂を揺さぶるものに出会うことすらできない現代。

誇張された一方的な情報ではなく
自分自身の確かな目とこころを信じる時代を作り上げるのは
私たち、ひとりひとりの真実を見抜く目なのだと思います。


❦こころのコーディネーター
Office Tina
真山ヒロ(ティナ)

・life designer
・color 
coordinator&therapist
・aroma therapist
writer


FullSizeRender
今日は、朝からかなりハードな一日でした。

夕方、ちょっと疲れを感じて海へ。
夕暮れの海は、美しく柔らかなグラデーションが広がっていました。

真実とは、自分のこころの中に穏やかに広がるものであり
結論の是非がわかるのは、ずっと先のことなのだと思います。


Office Tina
真山ヒロ(ティナ)


FullSizeRender
鉢植えのモヒートミントが伸び放題になり
数本摘んで、差し上げたところ
オーナーさんから
「お礼です! 」と
手作りのパンプキンアイスをご馳走になりました♪

添加物無しで
まるで冷たい野菜スープのような優しいお味

「ご馳走さま」と「ありがとう」が交錯する空間


どちらがフェイク情報かと
刺し合いのようにたたき合う情報が流れてくる中で
私は、そんな温かい会話がなんだかとても嬉しかったのでした。


真実が明確になった時、
犠牲になった人たちは、元には戻らない。






Office Tina
真山ヒロ(ティナ)

IMG_4321

昨日、窓辺に明るい黄色の花を飾りました。
様々な情報が飛び交う毎日が続いています。

私は、TVを一切みません。
ただ、自分のこころに響くメッセージだけを
受け止めています。

それは、決して自分にとって都合のよい言葉ということではなく
窓辺に飾った花と同じように
自分のこころに「真実の種」を灯してくれるものです。


この花を窓辺に飾った日
嬉しい報告が届きました・・・・


自分たちの意志を貫く若い世代に
こころからのエールを送りたいと思います。



Office Tina
真山ヒロ(ティナ)




FullSizeRender

昨日は、オーナーさんのお誘いを受け
ご近所のライブイベントへ。
窓や扉を開けはなしたお店は、とっても開放的です。

私は、ひとりで外のベンチで聞かせていただきましたが
こういうイベントを企画してくださる
オーナーさんの優しさに感謝ですね。


囁くようなMさんの歌声と
Sさんの素直でまっすぐ響くアコースティックギターの音色。

子供たちを連れたママさんたちが多かったのですが
お出かけ規制中の子供たちも大人しく聞いていました。
中には、眠ってしまったbabyも♡


海外で問題になりだした
ワクチン接種者から第三者への曝露が明確になるまでは
人混みの中にも行けなくなりそうなので
つかのまのお出かけでした。


今日の鎌倉は、たくさんの観光客で混みだしました♪



Office Tina
真山ヒロ(ティナ)





【瀬戸内寂聴「今日を生きるための言葉」】第717回

真実を知るというのは、非常に恐ろしいことです。
知らない方が良かったと後悔することもあるでしょう。
しかし、生きている以上は真実を知るべきです。
勇気を出してください。

瀬戸内寂聴





Office Tina
真山ヒロ(ティナ)

◆「風のことば」過去のご感想は、こちらから⇒
◆「風のことば」amazonレビューはこちらから⇒
♡わたしの想いを綴ったカテゴリー「風の言葉」はこちらから⇒
YouTube  はこちらから⇒☆ 

風のことば―その向こうへ―
風のことば―その向こうへ―
真山ヒロ
ギャラクシーブックス
2019-06-17






下記は、アメリカの教育学者
ドロシー・ロー・ノルトの「子ども」という詩です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「子ども」 ドロシー・ロー・ノルト


批判ばかりされた子どもは、非難することをおぼえる


殴られて大きくなった子どもは、力にたよることをおぼえる

笑いものにされた子どもは、ものを言わずにいることをおぼえる

皮肉にさらされた子どもは、鈍い良心のもちぬしとなる

しかし、激励をうけた子どもは、自信をおぼえる

寛容にであった子どもは、忍耐をおぼえる

賞賛をうけた子どもは、評価することをおぼえる

フェアプレーを経験した子どもは、公正をおぼえる

友情を知る子どもは、親切をおぼえる

安心を経験した子どもは、信頼をおぼえる

可愛がられ抱きしめられた子どもは、世界中の愛情を感じとることをおぼえる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この詩は、ある尊敬する方のサイトで知ったのですが
コロナ禍で、のびのびと遊ぶことが出来ない子供たちが
一番犠牲になっているように感じます。

コロナの真実が、一日も早く世界中の人に伝わり
安心を経験した子供たちの明るい笑い声が
響き渡る日が近いことを信じています。


Office Tina
真山ヒロ(ティナ)


◆「風のことば」過去のご感想は、こちらから⇒
◆「風のことば」amazonレビューはこちらから⇒
♡わたしの想いを綴ったカテゴリー「風の言葉」はこちらから⇒
YouTube  はこちらから⇒☆ 

風のことば―その向こうへ―
真山ヒロ
ギャラクシーブックス
2019-06-17






FullSizeRender


東日本大震災から10年・・・・
まだ、10年しかたっていないのだという想いと
もう、10年という想いが入り混じって今日を迎えた。

震災後の被災地をたったひとりで訪れたことは
私のその後の生き方を変えた。

あの日の光景は、今でもはっきりと思いだすことが出来る。
出逢ってくださった被災者の方、おひとりおひとりの顔が浮かぶ。


TVでは語られない真実をたくさん教えてくださった。
だからこそ
マスコミの情報に振り回されない今の自分が出来上がったと感じている。

被災地から帰宅してすぐに「カメリアの会」のサイトを立ち上げ支援を開始した。
スタッフを集め、規約を作り
メインの仕事の他にもやることはいつも山のようにある。

ここ数日もHPの作成を深夜までしていて
何万枚とあるデーターの中から写真を探す作業をしていた。
その中にたった一枚の花の写真があった。
被災後に咲く水仙の花。
暗い景色の中で咲く黄色の花にハッとしたことを思い出す。
黄色は、希望の色。

PCのクラッシュで
撮りためた被災地の写真はほとんど残っていない。

その後、私たちの支援は
スタッフのみでは継続することができず
残念ながら、解散という道を選んだ。

でも、たったひとりでも継続出来ることもある。
とても小さなことだけれど
今年もYahoo!検索に参加した。


『あの日を忘れない』
それは、今も私のこころの中にしっかりと残っている想い。

今日は、一日静かに祈りを捧げる・・・



2021.03.11



Office Tina
真山ヒロ(ティナ)


◆「風のことば」過去のご感想は、こちらから⇒
◆「風のことば」amazonレビューはこちらから⇒
♡わたしの想いを綴ったカテゴリー「風の言葉」はこちらから⇒
YouTube  はこちらから⇒☆ 

風のことば―その向こうへ―
真山ヒロ
ギャラクシーブックス
2019-06-17




何度もお伝えしているように
わが家にはTVがありません。

そんな生活が続いてすでに10年が過ぎました。

TVを持たない一番の理由に
情報は自分で選択するということがあります。

必要な情報は目の前に表れ
大なり小なり
何らかのメッセージを私に与えて通り過ぎて行きます。

私の中での情報とはそういう捉え方をしています。
ですから
最大限にこころに引っかかるものは、めったにありません。

昨日、YouTubeにUPされたとある番組が
私の中で小ヒットしました。


私は、大学時代に某TV局でバイトをしていました。
ですから、TVというのが編集して出来ているということを
社会に出る前に洗礼を受け知っていたわけです。



ですから、TV番組というものは
収録後に編集を重ねて出来上がっているものという認識の基
私はみています。



何でもありの時代だからこそ
私たちは、何を選択するかが、とても大切なのだと思います。



残念ながらUPしようと思っていたその番組動画は
私の中でお蔵入りと決定しましたが
このblogを書いているうちに
もやっとしていた気持ちは、だんだ晴れてきました!



気づくと、窓の外でも
曇り空だった空が晴れ上がっているではありませんか!


仕事の手を休めて
お散歩に行ってこよう♪




Office Tina
❦こころのコーディネーター
真山ヒロ(ティナ)

・life designer
・color 
coordinator&therapist
・aroma therapist
【著書】



↑このページのトップヘ