Office Tina ~ Le Vent ~

真実を知る勇気とは、現実をしっかり見つめるということ。 それが自分を信じる力になっていきます。 身近にある愛すべき美しいモノたちと共に、鎌倉に吹く風を感じながら日々のことを綴っています。 L'amour est comme le vent, nous ne savons pas d'ou il vient.

タグ:珈琲

FullSizeRender

今日は、父の月命日です。
毎月のことですが
父の大好きだった珈琲を持って
お墓参りに行ってきました。

出発前に海に出かけ
父の大好きな曲を
ウクレレで弾きました。

何故かカモメがたくさん集まってきます。
お客様は、カモメ?(笑)

父に
私のウクレレの音色は届いたでしょうか・・・・


❦こころのコーディネーター

Office Tina
真山ヒロ(ティナ)

・life designer
・color 
coordinator&therapist
・aroma therapist
writer



FullSizeRender
今日は、父の月命日。
スケジュールのチェックミスで
朝から仕事を入れてしまった私は
プライベートモードへの切り替えがうまくいかず
やっとお昼頃になって、お墓参りに出かけました。

父が大好きだった珈琲を
行きつけのカフェで入れてもらい
墓前に供えます。

「いってらっしゃい」
と言ってくださるマスターの声に見送られて
電車に乗りました。


曇り空でしたが、お墓参りを終えると
父が大好きだった富士山が
ほんの少しだけ顔を出してくれました。 

幻想的な今日の富士は
父のように
穏やかなやさしさの色でした。

お墓参りに行った日は
きっと、父が側に来ているのだと思います。

「おとうさん、いつもありがとう。」



Office Tina
真山ヒロ(ティナ)

◆「風のことば」過去のご感想は、こちらから⇒
◆「風のことば」amazonレビューはこちらから⇒
♡わたしの想いを綴ったカテゴリー「風の言葉」はこちらから⇒
YouTube  はこちらから⇒☆ 

風のことば―その向こうへ―
風のことば―その向こうへ―
真山ヒロ
ギャラクシーブックス
2019-06-17


父の大好きなコーヒーを
いつものカフェで入れてもらい
「いってらっしゃい」の声を背に
お墓参りに向かいました。

今日は、とても暖かかったので
いつも以上に丁寧にお墓をお掃除して 
手を合わせてきました。



帰りの路地で
アスファルトに咲く
小さなタンポポを見つけました。


諦めずに病気と闘い続けた
父の最期を想いだして
少し悲しくなりましたが
タンポポの花の黄色を見ていると
父に勇気づけられているように感じました。


親を失った想いは
何年たっても癒えることはないけれど
お墓参りは、私にとって
生かされていることに感謝をする日です。


電車を降りて、カフェの前を通ると
「おかえりなさい」とマスターの声
この町での暮らしも、随分と長くなりました。


帰るところがあるって
しあわせなこと。




Office Tina
真山ヒロ(ティナ)


◆「風のことば」過去のご感想は、こちらから⇒
◆「風のことば」amazonレビューはこちらから⇒
♡わたしの想いを綴ったカテゴリー「風の言葉」はこちらから⇒
YouTube  はこちらから⇒☆ 

風のことば―その向こうへ―
真山ヒロ
ギャラクシーブックス
2019-06-17

Julie London & Gregory Porter- Fly Me To The Moon

出先で聞こえてきた 「Fly Me To The Moon」があまりにかっこよくて
帰宅後に探してみました。

それから、ずっと聞いています・・・・


さて、そろそろお茶にしましょうか

この曲なら、珈琲でしょ?

いい音を聞くと、それだけで幸せな気持ちになります。


それにしても、昨日postしたインスタ4枚目の焼き芋さんは
絵的に失敗だった(笑)
ちなみに、入れた方がいいと言ったのは、スタッフNでございます。(笑).



Office Tina
真山ヒロ(ティナ)


◆「風のことば」過去のご感想は、こちらから⇒
◆「風のことば」amazonレビューはこちらから⇒
♡わたしの想いを綴ったカテゴリー「風の言葉」はこちらから⇒
YouTube  はこちらから⇒☆ 





サイフォンで珈琲が落ちるのを待つ時間が好きでした。
ゆらゆらと揺れるアルコールランプの炎
ガラスの向こう側が陽炎のように揺れて
その日の自分の思いにも似て、それらが揺れ動く時間は
わたしにとって、とても大切な時間でした。


お気に入りの本をゆっくりと開いたり
静かな曲をBGMにすることが多かったのですが
時には、Paganiniの激しいバイオリンをBGMにしたりしながら
珈琲が落ちるのを待つこともありました。
それは、その時の自分を振り返る時間でもありました。


父に教えてもらった珈琲との時間はとても貴重で
そんなふうに過ごしていたのですが
今回の片付けで、サイフォンともお別れをしました!


理由は、キッチン回りをすっきりとしたかったことと
体調を考えて、珈琲は一日一杯までと決めたので
朝の一杯は行きつけのカフェスタンドで、飲むからです。


美しいガラスの曲線を描いたこの古いサイフォンは
もうすでに製造中止になっていて
捨てるには忍びなく
思い切って声をかけたら、大喜びでもらってくれたのは
珈琲好きのスタッフNでした♡



「Nさんのお部屋で可愛がってもらうのよ」と
サイフォンに声をかけて、先日さよならをしました。



こころの中に、しっかりと想い出として刻まれたわたしのサイフォンは
あの日からNさんのサイフォンになりました♡







Office Tina

真山ヒロ(ティナ)

❦こころのコーディネーター
・life designer
・Life consultant
・color coordinator&therapist
・aroma therapist


風のことば―その向こうへ―
真山ヒロ
ギャラクシーブックス
2019-06-17







↑このページのトップヘ