Office Tina ~ Le Vent ~

真実を知る勇気とは、現実をしっかり見つめるということ。 それが自分を信じる力になっていきます。 身近にある愛すべき美しいモノたちと共に、鎌倉に吹く風を感じながら日々のことを綴っています。 L'amour est comme le vent, nous ne savons pas d'ou il vient.

タグ:安心


下記は、アメリカの教育学者
ドロシー・ロー・ノルトの「子ども」という詩です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「子ども」 ドロシー・ロー・ノルト


批判ばかりされた子どもは、非難することをおぼえる


殴られて大きくなった子どもは、力にたよることをおぼえる

笑いものにされた子どもは、ものを言わずにいることをおぼえる

皮肉にさらされた子どもは、鈍い良心のもちぬしとなる

しかし、激励をうけた子どもは、自信をおぼえる

寛容にであった子どもは、忍耐をおぼえる

賞賛をうけた子どもは、評価することをおぼえる

フェアプレーを経験した子どもは、公正をおぼえる

友情を知る子どもは、親切をおぼえる

安心を経験した子どもは、信頼をおぼえる

可愛がられ抱きしめられた子どもは、世界中の愛情を感じとることをおぼえる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この詩は、ある尊敬する方のサイトで知ったのですが
コロナ禍で、のびのびと遊ぶことが出来ない子供たちが
一番犠牲になっているように感じます。

コロナの真実が、一日も早く世界中の人に伝わり
安心を経験した子供たちの明るい笑い声が
響き渡る日が近いことを信じています。


Office Tina
真山ヒロ(ティナ)


◆「風のことば」過去のご感想は、こちらから⇒
◆「風のことば」amazonレビューはこちらから⇒
♡わたしの想いを綴ったカテゴリー「風の言葉」はこちらから⇒
YouTube  はこちらから⇒☆ 

風のことば―その向こうへ―
真山ヒロ
ギャラクシーブックス
2019-06-17






緊急事態宣言が出てから、より不燃布マスクの徹底が叫ばれているようです。
https://news.livedoor.com/article/detail/19539278/?__from=ln_am

呼吸がしやい、おしゃれも楽しめるとのことで
布マスクや、ポリウレタンのマスクが普及していましたが
やはりここにきて、感染拡大を防ぐためには、不燃布マスクの徹底が必須なのでしょう。

私自身は、これまでも、一人での散歩等やご近所は布やウレタン。
駅前や、病院、電車等、人混みの中に行くときは不燃布マスクと使い分けていました。
ただ、感染拡大になってきたこの1月からは、どこに行くにも不燃布マスクを使用しています。


マスク不足だった時期
敏感肌の私は、なかなかよい不燃布マスクが手に入らず
布マスクをつけていたという経緯があります。

しかし、ありがたいことにシャープのマスクが4回も当選!
もしかしたら、感染拡大するであろう冬に備えて
普通サイズと小さ目サイズ、4箱を注文しておりました。

今は安値になったマスクから見るとかなりお高めでしたが
シャープの不燃布マスクだと肌に優しく、付け心地もよいので
不燃布マスクの特有の息苦しさがありません。(※あくまでも個人的な意見です)


洋服に合わせた布マスクもたくさん持っているのですが
今は、不燃布マスクの方が、自分にも相手にも安心で優しい感じがします。


どうぞ、ひとりひとりが大切な命を守るひとでありますように♡



Office Tina
真山ヒロ(ティナ)


◆「風のことば」過去のご感想は、こちらから⇒
◆「風のことば」amazonレビューはこちらから⇒
♡わたしの想いを綴ったカテゴリー「風の言葉」はこちらから⇒
YouTube  はこちらから⇒☆ 




↑このページのトップヘ