台風が過ぎ去ってからも、停電の不自由さもあって
疲れが以外とあって、
昨日の祝日は、仕事はせずに、家で過ごしました。

心配してくださっている方達への連絡も
昨日でやっと終わりました。


ひととおり、家の周り等の片付けも終えたことから
今日は、早朝からお墓のお掃除に行ってきました。


ちょうど、父の月命日に台風直撃の情報が流れ
お墓参りを後回しにしていたこと
台風後の墓地の様子も気になっていたからです。


到着してみると、いつもは静かで綺麗な霊園が
お花が倒れていたり、枯れ枝が散乱していました。
補修工事の業者さんも出入りしていて
まだ、後片付けが済んでいない様子でした。

おそらく追いつかないのでしょう。
いつもお参りにいらっしゃる檀家さんたちも
ご自宅の後片付けに忙しいのかもしれません。
お花が飾ってある墓地は、ほとんどありませんでした。



ご住職にお話しをお聞きすると
風当たりの強いところは墓石が倒れたり
生垣が倒れたりしたそうです。

父のお墓は、ちょうど風よけの塀がある角地のため
泥や飛んできた段ボールが張り付いたりしている程度で
特に大きな被害はありませんでした。

泥汚れもそのままにしておくと墓石がシミになります。
綺麗にブラシをかけて泥汚れを落とし、お花を飾り
お墓もすっきりと綺麗にしました。

折れた枝や葉っぱのお掃除も
霊園の入り口や両隣等のゴミも一緒に掃いたところ
かなりの量になってしまったので
ゴミはお寺に引き取っていただいて帰宅しました。



台風の爪痕は、生きている私たちの場所だけではなく
ここ墓地にもありました。

だから、お墓なんて不要!ではなく
どんな時にも先祖がいて、自分がいることを
忘れない場所があることに感謝をして生きたいと思います。


そのために、こうして掃き清められる場所があること
手を合わせられる場所があることに
改めて、感謝です。


お掃除をしながら思い出したことがあります。
拙著「風のことば」を読んだ読者の方から
「先祖を大切にしようと思いました。」
という言葉をお聞きした日のことです。


ひとりひとりが、丁寧に生きることを
心がけていたら、もっと温かく住みやすい世界に
なるのかもしれませんね。


◆「風のことば」過去のご感想は、こちらから⇒
◆「風のことば」amazonレビューはこちらから⇒
♡わたしの想いを綴ったカテゴリー「風の言葉」はこちらから⇒
YouTube  はこちらから⇒☆ 

Office Tina

真山ヒロ(ティナ)