Office Tina ~ Le Vent ~

身近にある愛すべき美しいモノを、鎌倉に吹く風を感じながら綴ります。L'amour est comme le vent, nous ne savons pas d'ou il vient.

タグ:ティナ

e3dbd986bdba8ec695fa49b73a763f3d-768x666


元旦に、いつものように氏神様にお参りをした後
オフィスの窓から見えるお向かいのお寺へ向かいました。

日蓮宗のお寺なので毎月、聖語が飾られているのですが
新年は下記の言葉が書かれていました。
昨年の出来事を振り返ると色々と思うところもあり
私自身も今年の座右の銘に置こうと思います。

今月Officeへいらっしゃる皆様も、ぜひ、ご一読を。


「四恩をしって 知恩報恩を ほうずべし」

=新年を迎えて=「解説」

「借りた傘、雨が上がれば邪魔になり」。
耳に痛い言葉ですね。私たちは受けた恩を往々に忘れがちです。
これは凡夫の性かもしれません。しかし、それが人間関係のトラブルの原因になっていることも否定できないでしょう。だからこそ次の句を心に刻む努力が必要ではないでしょうか。
「かけた情けは水に流せ。受けた恩は石に刻め」。
今年の座右に置こうではありませんか。

日蓮聖人ご遺文

『開目抄』

聖人の文書で最重要なのが『立正安国論』『開目抄』『観心本尊抄』です。これを「三大部」ともいいます。ここに最重要教義が吐露されているのです。
「末法」という、生きる指針が喪失されている現代、私たちを覚醒させる祈りが本抄には込められています。


「四恩」とは、①命を与えてくれた親、先祖の恩。②師として教導してくれた人々の恩。③国土環境の恩。④すべての源であるご本仏の恩。 これを常に我が心魂に留めて生きていくことが説かれています。

*HP・Information更新していますhttps://www.officetina.com/information


FullSizeRender


3日は、Office関係の神社へ参拝しました。

毎年必ず、Officeへいらっしゃる皆様たちのために
手を合わせています。
ここは、女性の守り神がいらっしゃる神社なのです。


そこで、なんと念願だった
箱根駅伝を応援することができました。

新年早々、夢が叶った日は
太陽も虹色に輝いていました。✨

ティナ




FullSizeRender


2日は、父のお墓参りと愛犬チョコのお墓参りに行ってきました。

お墓参りには、昨年末もお掃除を兼ねて行ったのですが
新年は、ご先祖に手を合わせる方がたくさんいらっしゃっていて
まるで、お花畑の様に、どのお墓にも綺麗なお花が供えられていました。

先祖を敬う方達の想いが伝わって来て、新しい年から
とても温かな気持ちになりました。

ティナ


FullSizeRender

始めまして。
2019年1月よりこちらでお世話になります。
鎌倉Office Tinaのブログになります。
どうぞよろしくお願いいたします。


ブログタイトルの「Le Vent 」はフランス語で「風」という意味です。
海からの風が吹く町に住み、その風を感じて日々、暮らしています。

わたしにとっての「風」は
いつも何かを運んできてくれて
何かを持ち去ってくれるものです。

そんな想いをこのブログにこめて
新たに書き綴ってゆけたらと思っています。



L'amour est comme le vent, nous ne savons pas d'ou il vient. 
「愛って風のようなもの、だって誰もそれが何処から生まれるのかしらない」
~バルザックの言葉~



何かがはじまり、何かが終わる。
「風」のはじまりも、「風」の終わりも、みえない世界のことだけれど
今、ここで吹いている「風」の存在だけは、感じることができるはず・・・。

そんな「今」を感じてゆけたらと思っています。

また、過去blogのいくつかで他サイトに残しているブログは
少しずつ、こちらに移動し、まとめて行こうと思っております。
そのため、本日以前の記事につきましては
リンク切れ等が多々あるかと思いますがご容赦くださいませ。

どうぞよろしくお願いいたします。

ティナ

*このブログの画像は、ほぼわたし、ティナが撮影したものになります。
画像の無断使用、内容の転記はお断りいたします。
希望される方は、HP問い合わせよりメールアドレスを記載の上ご連絡ください。
こちらから折り返し連絡させていただきます。





【過去の移動ブログ】
①2019.08.14:Yahoo!ブログの終了に伴い
2007年より綴っておりましたブログ「こころのコーディネーター」は、一部記事のみ移動しました。
カテゴリー「こころのコーディネーター」よりお読みいただけます。
移動の詳細について⇒http://officetina.livedoor.blog/archives/19330084.html







【著書】風のことば



↑このページのトップヘ