Office Tina ~ Le Vent ~

真実を知る勇気とは、現実をしっかり見つめるということ。 それが自分を信じる力になっていきます。 身近にある愛すべき美しいモノたちと共に、鎌倉に吹く風を感じながら日々のことを綴っています。 L'amour est comme le vent, nous ne savons pas d'ou il vient.

タグ:ご先祖

FullSizeRender
確定申告に追われていて
気づけばお彼岸の入りも過ぎ・・・

今朝は、
兄の名代でお寺にお布施を届けにいってきました。

ご住職の奥様とお話をしたり、
お墓のお掃除をして、ご先祖に手を合わせてきました。

最近は、お墓が無くなっているご家庭も多いと聞きます。
でも、こうして手を合わせる場所があるということは
とても大切なことだと、お参りにくるたびに思います。
すれ違う檀家さんたちとも挨拶を交わし、会釈をするだけで
何故か優しい気持ちになります。


境内には、ピンクのクリスマスローズがたくさん咲いていて
写真のハナモモの花も満開でした。


お掃除がよく行き届いた境内は、凛とした中にも
春の華やかさがあり、心落ち着く空間です。


午後からは、急にお客様から確定申告のご相談があり
又あたふたと走り回り、日が暮れてから帰宅。

相変わらず、休みなしで動く自分に
忙しく働いていた時の亡き父を重ね
改めて、父の仕事の大変さを想う春のお彼岸の一日でした。

おとうさん、やっぱり私は
貴方に似ているようです・・・・


Office Tina
真山ヒロ(ティナ)


◆「風のことば」過去のご感想は、こちらから⇒
◆「風のことば」amazonレビューはこちらから⇒
♡わたしの想いを綴ったカテゴリー「風の言葉」はこちらから⇒
YouTube  はこちらから⇒☆ 

風のことば―その向こうへ―
真山ヒロ
ギャラクシーブックス
2019-06-17





兄の名代で参加した檀家の彼岸会は
台風の影響もあり、とても暑い中行われました。
雨は降りませんでしたが
お年寄りの参加者が多いので
お寺側もとても気を使われていました。

わたしにとっては、初めての経験で
これまで祖母や母が先祖供養を大切にしてきてくれたことに
ただただ感謝しかありませんでした。

お彼岸の供養も、その土地土地で違います。

自分のルーツにしっかりと手を合わせるということは
自分自身と向き合う大切な時間になるのだと
改めて感じたお彼岸中日になりました。


先祖に対する思い等は拙著「風のことば」でも
少し触れています。


◆「風のことば」過去のご感想は、こちらから⇒
◆「風のことば」amazonレビューはこちらから⇒
♡わたしの想いを綴ったカテゴリー「風の言葉」はこちらから⇒
YouTube  はこちらから⇒☆ 

Office Tina

真山ヒロ(ティナ)

↑このページのトップヘ