Office Tina ~ Le Vent ~

真実を知る勇気とは、現実をしっかり見つめるということ。 それが自分を信じる力になっていきます。 身近にある愛すべき美しいモノたちと共に、鎌倉に吹く風を感じながら日々のことを綴っています。 L'amour est comme le vent, nous ne savons pas d'ou il vient.

カテゴリ: ◆風の言葉(おもひ)

7b4a0a8cdc728116d2befa2863721e8c-768x668
*画像は日蓮宗のサイトからお借りしました。

いつものお寺で写真を撮ろうとしたら、先日の台風で、「今月の聖語」も
汚れてしまっていました。
そのため、今回は、サイトから拝借してUPしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

仏道に入る根本は信をもて本とす

『法華題目鈔』/
文永3年(1266) 聖寿45歳

【意味】

ー求道ー

茶道、華道、書道、柔道、剣道、弓道など。日本古来の伝統文化、スポーツには「道」が付くものが多くあります。これらに共通するのは奥義を極めようとする求道心が伴っているということではないでしょうか。その鍛錬の中で自ずと技も磨かれ向上していくのです。

ところでこの奥義に達するためには、自らが身心もろともにその世界に飛び込み、一体化を目指さなければならないことでしょう。

これすなわち仏道で説く「信」に通じるといえましょう。「道」は「信」によって達するのです。

~サイトより転載~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わが家は、日蓮宗ではありませんが、どの宗派であれ、解いていることは
最終的には同じかと思います。
わたしたちが、心軽やかに暮らせる道を、いろんな角度から学ばせてくれる
それが「道」という言葉にあるように思います。

「道」は「信」によって達するのです。

信じてその道を進むことでしか達することができないもの

私自身、日々の忙しさにくじけそうになることもあります。
しかし、達成感を味わったことがあれば
そこで諦めてしまったら、辞めてしまったら
その道が終わりということを知っています。

ほんの少しの経験が、その人の人生を変えて行きます。

諦めずに丁寧に続けることでしか見えてこない道があります。

☆感性を育てる鎌倉こころのものがたり

お手に取っていただけましたら嬉しいです。
お買い上げいただきました皆様、ありがとうございます。


◆「風のことば」過去のご感想は、こちらから⇒
◆「風のことば」amazonレビューはこちらから⇒
♡わたしの想いを綴ったカテゴリー「風の言葉」はこちらから⇒
YouTube  はこちらから⇒☆ 

Office Tina

真山ヒロ(ティナ)




目覚めてすぐに、お客様からいただいたお米を研ぐ。
最初の感触は、さらりとして柔らか
そして、水を含むとしっかりとして
研いでいるうちに重みを感じるようになった 。

本物は、こうして丁寧に作られた愛を感じることができる。
本物は、こうして人のこころと体に広がるものを持っている。

そんなことを今朝のツイッターで呟いてみた。

しかし、どんなに本物と言われるものがそこにあっても
感じとる心がなければ、その人の中で本物と知ることはできない。


本物を感じ取る「こころ」は、本物に出会い続けることだとわたしは思う。


純粋に、丁寧に、愛情をかけて、命をかけて、作られてきたものを
味わうということ。

お米も、本も、映画も、仕事も
そして、ひとも。
丁寧に愛をかけた純粋なるものたち

本物は、純粋にこころに入ってくる

そこにエゴ(自我)の入る余地はないように思う。
だからこそ、純粋なのだろう。と思う。

感じとるその人のこころが純粋であればあるほど
本物を感じられるのだろう。とも思う。


炊きあがったお米は
ふっくらとして優しい味がしました。

お父様の愛がたくさんつまった丁寧に作られたお米。
お客様からのプレゼントで、改めて感じた本物の味。

どうぞ、彼女がさらに純粋で丁寧に生きることができますように♡


ありがとうの朝ごはん。
感謝の朝です。



☆感性を育てる鎌倉こころのものがたり
お手に取っていただけましたら嬉しいです。
お買い上げいただきました皆様、ありがとうございます。


◆「風のことば」過去のご感想は、こちらから⇒
◆「風のことば」amazonレビューはこちらから⇒
♡わたしの想いを綴ったカテゴリー「風の言葉」はこちらから⇒


Office Tina

真山ヒロ(ティナ)

FullSizeRender

朝いちばんに
部屋の窓を全部空けて
風を通す

そして
朝の空気をいっぱいに吸い込む


体が生きているのを感じる
部屋が生き返るのを感じる



生きるということは
自分のこころに風を通すこと
通し続けること
そう、わたしは想っている



呼吸をしたがっている自分のこころに
わたしはいつも忠実でありたい・・・



今日は、父の月命日。





◆「風のことば」過去のご感想は、こちらから⇒
◆「風のことば」amazonレビューはこちらから⇒
♡先生の想いを綴ったカテゴリー「風の言葉」はこちらから⇒


 Office Tina
真山ヒロ(ティナ)




わたしたちは、いつも目に見えるものに惑わされ
そして、喜んだり、落ち込んだりします。


先日、お客様と雑談中「資格」というものについてお話しをする機会を持ちました。

国家資格の維持には多少なりとも費用がかかるものもあるのはやむを得ないが
民間の資格に年間維持費を徴収することに疑問を持たれたとのこと。

「最近、自分が取った民間の資格がそれほど役にたたないということい気づきました。それを維持するために支払うお金が無意味に思えてきました」
「わたしも、何か資格を取りたくて取ったものの、それがどれほどの役に立つのだろうと今手放すことを考えています。」
「所詮、国家資格以外のものは、ただの自己満足に過ぎませんでした」

等々、みなさまこころに感じていたホンネがたくさん出てきました。

「資格は、あくまでも目に見えるカタチ。国家資格も民間資格もそれは同じです。
取得した後は、どちらも努力を続けなければ本物にはなり得ないように私は思っています。」

わたしがそうお話しした瞬間、お一人の方がこうおっしゃたのです。

「真山先生がおっしゃる通り資格はカタチなのだと思います。特に民間の資格は、目に見える自信が欲しい人にとってカタチとして資格を取りやすいです。そして、それを失いたくないからその資格を維持し続けようとするためにお金を払うのだと思います。
カタチにこだわることは、目に見えるものにこだわることになります。それは自分に人に正直に生きることにはならないと思いました。
わたしは、目に見えることにこだわるのではなく、自分の感覚、そしてこころを大切に生きることが、正直に生きることに繋がると今、信じています。」

Dさんとの出会いは、もう10年以上になるでしょうか。
役職にもついている彼女は、目に見えるものだけが頼りという世界で生きてきました。
しかし、仕事の責任が重くなるにつれ、カタチよりも大切なことに気づいて行きました。

「信じる」「信頼」それは目に見えないものです。

人間が作り出した「カタチ」あるものに、人間が翻弄される世界になってしまったことは
その目に見えない力を信じる人が少なくなってしまったことも大きいのかもしれません。

「カタチ」のその向こうにあるもの・・・

そこを超えたところにある、感じ取る力を表現していくこと
それが「感性」というものなのかもしれません。



「風のことば」第四章では、そんな物語も書いています。


◆「風のことば」過去のご感想は、こちらから⇒
◆「風のことば」amazonレビューはこちらから⇒

♡わたしの想いを綴ったカテゴリー「風の言葉」はこちらから⇒


Office Tina
真山ヒロ(ティナ)

「風のことば」を手に取ってくださった皆様
ご購入してくださいました皆様ありがとうございます。


★鎌倉松林堂書店でもお取り扱いがございます。





FullSizeRender
「風のことば」を読んでくださった方から、お便りが届きました 。
便箋5枚にびっしりと綴られたひとつひとつに、その方のあたたかな想いを感じました。

わたしが「風のことば」を通じてお伝えしたかったことを
しっかりと感じ取ってくださっていて
それは言葉に出せないほど、とても優しい時間になりました。


自分の人生から目をそらさず、しっかりと向き合って生きてきた方の言葉は
とても深く、深いからこそ共感しあえるのだと思います。


その方ご自身が自分と向き合ってきた証は
こころの深いところから溢れ出た言葉から読み取ることができます。

言葉に込められた想いは、その人の中で静かに広がっていくもの・・・
柔らかな風を感じた時のあの心地よさのように。。。

伝わった喜び以上に、伝えられた喜びを感じた瞬間でもありました。



Mさま
ありがとうございます。



◆「風のことば」過去のご感想は、こちらから⇒
◆「風のことば」amazonレビューはこちらから⇒

♡わたしの想いを綴ったカテゴリー「風の言葉」はこちらから⇒

Office Tina

真山ヒロ(ティナ)


「風のことば」を手に取ってくださった皆様
ご購入してくださいました皆様ありがとうございます。


鎌倉松林堂書店でもお取り扱いがございます。






「伝える」と「伝わる」
これは、いつも私が大切に思っている言葉の一つです。


カラーを学び始めた頃、とても素敵な方から
コーチング的な意味を教えていただいて
強く印象に残った言葉でもありました。


それから、私の中で長い年数をかけて
育って行ったこの二つの言葉は
今、私の想いとともにあります。


それは、「伝える」と「伝わる」の意味を
しっかりと感じ取ったのちに
まず「伝える」行動をするということです。

どうせ、伝わらないからと
諦めるのではなく
まず、「伝える」ことが大切ということ

特に、行動に移せない人には
一歩踏み出す勇気が必要な言葉です。


ただ、「伝える」は
主語が「私」です。
コーチング等の世界では、一方方向の言葉と言われています。
私は、コーチングもひととおり学びましたが
Officeでは、ツールというものを基本的に用いておりませんので
コーチングのテクニックは使いません。


こころの世界を主にすると
誠意をもって「伝える」ということ
そこを大切にしています。


その人が相手を想って
自分の言葉で伝える言葉は
相手に伝わることが多いものです。


もちろん、100%ということはこの世界にはありません。

ですから、伝わらなかったからといって失敗ではありません。
誠意を持って伝えたことが、とても重要だからです。

100人のうち一人でも伝わったら
その時の喜びは、とても大きいものです。
つまり、「伝わる」を体験した瞬間です。

そしてその経験の積み重ねが、成功に繋がっていきます。


通り一片のカタチだけの儀礼的な言葉は
誰のこころも動かしません。

「ありがとう」に込める想い
「ごめんなさい」に込める想い


それらが入って初めて相手に「伝わる」言葉になります。
命を持った「ことば」になるのです。

それが他人のこころを動かすことがあるということ

その想いが伝わった瞬間を大切にすること

それが感じるこころを育てるということだと私は思っています。



大切な人に想いを伝える

それは、あなたが感動した
あなた自身の言葉を使うことから始まります。


丁寧に誠実に生きること
それが貴女の人生を、さらに豊かにします。


◆「風のことば」過去のご感想は、こちらから⇒
◆「風のことば」amazonレビューはこちらから⇒

♡わたしの想いを綴ったカテゴリー「風の言葉」はこちらから⇒



Office Tina
真山ヒロ(ティナ)


「風のことば」を手に取ってくださった皆様
ご購入してくださいました皆様ありがとうございます。

鎌倉松林堂書店でもお取り扱いがございます。

目覚めて波の音を聞く。
それから
いろんなことがあった昨日のことは忘れて
新しい今日を楽しむ。

そんな繰り返しの中から
真実が生まれてゆく・・・・

だから
今夜眠る時には目をとじて
その日一日に感謝を♡


◆「風のことば」過去のご感想は、こちらから⇒
◆「風のことば」amazonレビューはこちらから⇒

♡わたしの想いを綴ったカテゴリー「風の言葉」はこちらから⇒



Office Tina
真山ヒロ(ティナ)



「風のことば」を手に取ってくださった皆様
ご購入してくださいました皆様ありがとうございます。


鎌倉松林堂書店でもお取り扱いがございます。

本を読み出したら止まらなくて
その世界に入り込むことがある

だから、著者の生い立ちとか経歴とか、
先入観を増長させるものには、あまり興味がない


その当たりは
その本の中にある「ことば」から繋いでゆく

それは、こころを育てることにも似ている


読み方は 人それぞれ
どれが正しいというものは何一つないけれど


私は純粋に
その本そのものと対峙するのが好き

だから
生きている本に出合うと
とても嬉しくなる


読み終えたあと
その本が愛おしくなるのは
そういうことなのかもしれない


私の本棚には
私のこころの内側の住人になった本が並んでいる


Office Tina
真山ヒロ

鎌倉に暮らす 鎌倉で紡ぐ 鎌倉の風にのって

手に取ってみると その優しさに触れる
本当の優しさとは 厳しく・・・
しかし、その奥はあたたかさに満ちている

◆過去のご感想は、こちらから⇒


著書「風のことば」~その向こうへ 










FullSizeRender
あまりにも正直すぎる生き方には
誤解も多く生じるのかもしれない。
でも伝え続けることで
伝わる人には伝わるのだと思う。

誠実に接し続けること
誠実に書き続けること

それが誰かのこころに響いて伝わる日がくる。
それが誰かの人生を変えることもある。

とてつもなく、時間がかかることであっても
誠実に丁寧に
自分の道を歩き続けるということを

わたしは、続けて行こうと思う。


Office Tina
真山ヒロ

鎌倉に暮らす 鎌倉で紡ぐ 鎌倉の風にのって

手に取ってみると その優しさに触れる
本当の優しさとは 厳しく・・・
しかし、その奥はあたたかさに満ちている

◆過去のご感想は、こちらから⇒


著書「風のことば」~その向こうへ 







2019/7/31 ON AIR KmakuraFM SeasadeStation828 真山ヒロ

7月31日ゲスト出演をした際の音源です。

https://www.youtube.com/watch?v=peTjf1WQdwYFM



 

どれだけ想いを伝えられたか・・・・

というと微妙なところではございます。

わたしの仕事は一口では語れず、お客様の個人情報もあって

深い真実を公の場でお伝えすることができません。

 

そして、何でも屋とはいえ、何でもするわけではなく

 

たった一つ言えることは、一貫してこころの奥深くを見つめるということ。

それは、とても、伝わりにくいことのひとつです。

 

だからこそ、書いた本。

 


伝わると伝えるは別物。

本には、想いを載せて書いたのだから

 

 

 

 

「風のことば」が独り歩きを始めた時

誰に何が伝わって行くのだろうか・・・・

 

 

 

ティナ


 


Office Tina

「風のことば」~その向こうへ は

現在、鎌倉駅東急前「松林堂書店」でもお取り扱いがございます。

どうぞよろしくお願いします
◆過去のご感想は、こちらから⇒







↑このページのトップヘ