Office Tina ~ Le Vent ~

身近にある愛すべき美しいモノを、鎌倉に吹く風を感じながら綴ります。L'amour est comme le vent, nous ne savons pas d'ou il vient.

カテゴリ:◆日々のこと > 今日の音色



ウィーン・フィル公認のスーパースター軍団『ザ・フィルハーモニクス』


澄み切った音。
最近、朝も夜も仕事の合間も彼らの音を聞いている。


真っすぐな音色はこころにすーっと入ってくる。
いい音。

ちなみにビオラ奏者のティロ・フェヒナーは
女優中谷美紀さんのご主人♡



❦こころのコーディネーター
・life designer
・Life consultant
・color coordinator&therapist
・aroma therapist


風のことば―その向こうへ―
風のことば―その向こうへ―
真山ヒロ
ギャラクシーブックス
2019-06-17










観光客で混雑するこの連休に
驚きながら

昨夕、裏道を通り由比ヶ浜へ向かいました。


穏やかな海を眺めていたら
久しぶりにトムの透明な歌声が聞きたくなり
家に帰ってからずっと、この曲を聞いています。



Libera - Far Away (Subtitled) (solo by Tom Cully)2007






ボーイソプラノだから、当然メンバーは入れ替わるけれど
トムが活躍していたのは、もう、13年も前になるのですね。






Office Tina

真山ヒロ(ティナ)

❦こころのコーディネーター
・life designer
・color coordinator&therapist
・aroma therapist
【著書】














 

・・・・・・・・・・・・・
まちがいさがしの間違いの方に
生まれてきたような気でいたけど
まちがいさがしの正解の方じゃ
きっと出会えなかったと思う
・・・・・・・・・・・・・


いい詩
いい曲
まっすぐさが魅力の菅田将暉が
歌うから尚更いいのだと思う。

米津玄師の曲の中で、わたしが一番好きな曲。


人は、みな、一度は間違えて生まれてきたと思うのではないかな。と思う。
わたしも含めて。



でも、曲の中で最後の方で、こう歌われている。


・・・・・・・・・・・・・
間違いか正解かだなんて
どうでもよかった
・・・・・・・・・・・・・


「うん、そうだね。」とつい答えたくなる。


米津玄師は、規格外の大きさで生まれ
本名であるこの風変りな名前のこともあって
いじめや幼少期のトラウマを経験。
20歳の頃、自身のコミニュケーション障害などに疑問を持ち
病院を訪れ「高機能自閉症」と診断されたそうです。

子供の頃から、ずっと「普通の人になりたい」と思って生きてきたと
そう後に語っていますが
この時代にメガヒットした彼の曲の数々を耳にすると
なおさら
「間違いか正解かなんて、どうでもいいのだな」
と思うのです。


現実を認めつつも、未来のその向こうへ
力強い風が吹いているような曲。



コロナ収束後には、
ぜひ、スタッフNにカラオケで歌ってもらいたいな。(笑)




Office Tina

真山ヒロ(ティナ)

❦こころのコーディネーター
・life designer
・color coordinator&therapist
・aroma therapist
【著書】



私がこの仕事をスタートしたのは北九州でした。

そんな懐かしい想いを感じながら、何気なく見つけたこの動画に
「美空ひばり」というひとのプロの姿を感じました。

誰しもが超えることのできない人
「超人」と言われる人の、すさまじいほどの精神力がそこにありました。
引き込まれるように観終わり
生前、父が好きだった彼女の歌を思い出しました。

最後のCDとなった「川の流れのように」

作詞が秋元康さんだということもまた、後になって知るほど
この歌は、今もたくさんの人のこころに生き続けている曲。


♪生きることは 旅すること
終わりのない この道♬


死を覚悟しながらも、歌い続けた偉大なひと
自分の決めた道だからと、覚悟を決めて生きたひと





Office Tina

真山ヒロ(ティナ)

❦こころのコーディネーター
・life designer
・color coordinator&therapist
・aroma therapist
【著書】






https://www.youtube.com/watch?v=QMkeQKQRy_c




どこにもお出かけできなかった今年の春

新緑の季節もあっという間に過ぎて
私たちは、初夏を迎えようとしています。


梅雨入りしたと言うのに
青空が広がっていて
窓を開けると爽やかな海風が入ってきます。


少し湿り気があるところが
5月の風とは違うのですが
爽やかな風を感じると、思いだす曲があります。


ユーミンの曲の中でも、大好きな曲のひとつ
「緑の町に舞い降りて」

聞いていると情景が目に浮かび
本当に飛行機で盛岡に降り立ったかのような
そんな気持ちにさせてくれる一曲です。


個人的には、飛行機で盛岡に降り立ったことなく
新幹線で盛岡まで行き、そこから車で目的地まで向かったことがあります。


もうずいぶんと昔のことですが
この曲を聴くと
その当時の想い出が、美しい新緑とともに蘇ります。



>「MORIOKAというその響きがロシア語みたいだった」

もう、ユーミン天才だから!

と、この歌詞が流れるといつもそう思うのです。(笑)





Office Tina

真山ヒロ(ティナ)

❦こころのコーディネーター
・life designer
・color coordinator&therapist
・aroma therapist
【著書】


↑このページのトップヘ