Office Tina ~ Le Vent ~

身近にある愛すべき美しいモノを、鎌倉に吹く風を感じながら綴ります。L'amour est comme le vent, nous ne savons pas d'ou il vient.

カテゴリ:◆日々のこと > 鎌倉歳時記


FullSizeRender
今日、二日は、少し肌寒い曇り空になりました。
お天気は下り坂のようですが
穏やかなお正月を過ごしています。


一日は、早朝氏神様に初詣に行き
ご近所のみなさまと新年のご挨拶を交わしました。
境内から見える海が光を浴びてキラキラでした。

行き交う人々とご挨拶を交わしながら
いつもの年と変わらないお正月の風景がそこにありました。


今日も、いつも通り
近くのカフェへ行き、みなさまと団欒していると
何と獅子舞が!
舞いを踊り、頭も噛んでいただきました。
「獅子が噛みつくと、神が付く」とも言われているそうで(笑)
ありがたい!


幸先の良い2020年のスタートです。
みなさま、本年もどうぞよろしくお願いいたします。



2020年1月2日

Office Tina
真山ヒロ(ティナ)


◆「風のことば」過去のご感想は、こちらから⇒
◆「風のことば」amazonレビューはこちらから⇒
♡わたしの想いを綴ったカテゴリー「風の言葉」はこちらから⇒
YouTube  はこちらから⇒☆ 




FullSizeRender
photograph tina

鎌倉最古の神社「甘縄神明神社」の例大祭が始まっています。

甘縄神明神社は、710年(和銅3年)の創建と言われ
鎌倉最古の神社であり、長谷の氏神様でもあります。

例大祭は9月14日
神輿渡御(神幸祭)は14日に近い日曜日に行われます。

2019年の神幸祭は、今日の12時~18時までの予定でした。

17時ころでしょうか。
オフィスの前を御神輿が通りすぎた辺りで
雨が降り出し、中止になったようです

知人も、毎年御神輿を担いでいるのですが
だんだん担ぎ手も少なくなり、助け合ってお祭りの文化を守っています。
(*御神輿の様子はインスタストーリーにてご覧いただけます。24時間のみ)

ご近所のおばさまが
「ありがたいわね。御神輿が練り歩いて町を綺麗にしてくれているのよ」
とおっしゃった言葉が印象的でした。


この町で暮らしていることに、今日も感謝です。


拙著「風のことば」は、この町で暮らす日々の中で生まれました。
ぜひ、お手にとっていただけましたら、嬉しく存じます。
https://amzn.to/2KhOv6B

◆「風のことば」過去のご感想は、こちらから⇒
◆「風のことば」amazonレビューはこちらから⇒
♡わたしの想いを綴ったカテゴリー「風の言葉」はこちらから⇒


台風15号が近づいています。
どうぞ、みなさまお気をつけて。


Office Tina
真山ヒロ(ティナ)



★鎌倉松林堂書店でもお取り扱いがございます。



「風のことば」を手に取ってくださった皆様
ご購入してくださいました皆様ありがとうございます。


FullSizeRender

今年も始まりました!
http://www.hasenoakari.jp/

開催期間

令和元年8月19日(月)~25日(日)
18時半~20時半(各会場の最終入場20時)



◆「風のことば」過去のご感想は、こちらから⇒
◆「風のことば」amazonレビューはこちらから⇒

♡わたしの想いを綴ったカテゴリー「風の言葉」はこちらから⇒



Office Tina
真山ヒロ(ティナ)

鎌倉に暮らす 鎌倉で紡ぐ 鎌倉の風にのって

手に取ってみると その優しさに触れる
本当の優しさとは 厳しく・・・
しかし、その奥はあたたかさに満ちている



著書「風のことば」~その向こうへ 





FullSizeRender
photograph tina



海岸まで行ったものの 、いつもの場所が激混みだった。
少し、家を出るのが遅かったかもしれない。

結局、ベストボジションでの写真は撮れなかった。

諦めて撮った動画は、最後に目の前の男性が立ちはだかり
終盤、画面は、真っ暗に(笑)
編集しようにも、アプリ動かず・・・

そのため、インスタにはUPしなかったのですが・・・

とりあえず、記念の一枚を残しておきましょう🎇


ティナ

【書籍出版のお知らせ】
◆小説【風のことば~その向こうへ~】
✨鎌倉の移りゆく四季と共に暮らすそれぞれの女性たちのこころの物語✨
写真・装丁デザイン:tina



鎌倉駅東口・松林堂書店でも発売中
http://shorindo.co.jp/
amazonでのご購入が難しい方は、どうぞご利用ください。


FullSizeRender
photograph tina

今朝は、八幡宮の七夕へ。
雨でしたが、七夕飾りが 風にたなびいていました。

七夕飾りのひとつであるこの吹き流しは
織姫が機織りに使う糸を紙や布で表したもので
裁縫や織物が上手になるようにとの願いも込められているそうです。

先日、拙著「風のことば」に出てくる鎌倉のお店に
改めてご挨拶に伺ったところ
笹が飾ってあり、ぜひ、短冊に書いてくださいと言われまして
スタッフと一緒に、ありがたく書かせていただきました。

お願いなんて、随分久しく書いていないので
何を書いていいのか一瞬迷いましたが・・・(笑)

「家族も私も健康でありますように」と書かせていただきました。

やはり、何をするにも、健康がいちばんですね。


ティナ


【書籍出版のお知らせ】

ハーブティーや、珈琲とともに、優しくその人の傍らに置かれる
一冊になってほしいとの祈りをこめて書き上げた本です。
amazon限定販売になりますが
お手にとっていただけましたらとても嬉しく思います。





FullSizeRender
photo by tina

暦通りの暖かさで、道を行く人は半袖の方も・・・。
立春とは、節分の翌日になりますが
節分が2月3日とされるのは、2024年まで。
2025年は2月2日になります。
ということは、2025年は2月3日が立春ですね。

昨日の節分は、立春という新しい季節を迎えるため
豆まきをして邪気を払うわけです。

禅寺が多い鎌倉では「立春大吉」という言葉をよく聞きます。
「立春大吉」とは禅宗のお寺の門前に
厄除けの意味を持って貼られる文字やお札のことを言います。
北鎌倉の東慶寺の門前には、この日「立春大吉」という紙が貼られています。

春のはじまり・・・・
今日は、こころも体もポカポカの一日でした。


ティナ


FullSizeRender
photo by tina

今日は節分。そして明日は立春です。
降り注ぐ光も穏やかで美しい。
写真は、覚園寺の「まことの鐘」に降り注いだ光です。
もともと静かなお寺ですが
早朝は、特にこころがホッとします。

昨日は、鶴岡八幡宮にある丸山稲荷社で初午祭がありました。
たまたま通りかかったので手を合わせてきました。

今日は、賑やかに節分の行事が繰り広げられます。
混雑が予想されますので、お出かけの方はお気をつけて!

・建長寺 11時~江戸芸かっぽれ奉納後豆まき
・長谷寺 12時~入場制限在り(さすが長谷寺!ゲストには、トヨエツもいたそうです!)
・鶴岡八幡宮 13時~11時ころから整理券配布先着1800名

節分の由来はこちらから⇒wiki


ティナ

*朝、アップした記事ですが、パリの記事の関係で夜の時間に移動します。

FullSizeRender
photo by tina


夕暮れの海が美しく輝いていて、わずかの時間でしたが由比ヶ浜を歩きました。

今日は、氏神様の境内でどんど焼きが行われていました。
子供の頃を懐かしく思い出しながら、無病息災を祈りました。
どんど焼きは地方によって呼び名もいろいろのようです。
本来、左義長と呼ばれる火祭りのことで、鶴岡八幡宮では、明日行われるようです。

どんど焼きの由来や詳細はこちらから→



ティナ


FullSizeRender


ギリシャが大寒波に見舞われているとのこと。
南欧のギリシャが氷点下23度と聞いて、びっくりです。
本当に地球はどうなってしまったのでしょうか。


鎌倉も冷えこみが厳しかったですが、それでも最低気温は1度。
今朝は、綺麗な朝焼けが見えましたが、お昼前後は曇り空でした。
寒かったけれど、気持ちを切り替えるために
お客様をお見送りしてから、鎌倉駅まで歩きました。

途中で、福笹を持った方とすれ違い
「あ!今日は十日!!」と思い出し、本覚寺さんへ。

境内は、威勢のよい「商売繁盛」の掛け声で賑わっていて
福娘さんたちも大忙し。


今年も実りの多い年でありますように♪

ティナ


FullSizeRender

あけましておめでとうございます。

ここ数年は、元旦は氏神様へ。
古い札をお納めして昨年一年間のお礼をお伝えして
ご神体のある本殿にて手を合わせます。

お神酒をいただいて新しいお札をいただくと
気持ちも新たになります。

わたしは、この氏神様の小さな森がお気に入り。
遠くにご近所同士の新年のご挨拶が聞こえます。

お天気にも恵まれて、とても気持ちの良い一年のスタートになりました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


ティナ








↑このページのトップヘ