Office Tina ~ Le Vent ~

真実を知る勇気とは、現実をしっかり見つめるということ。 それが自分を信じる力になっていきます。 身近にある愛すべき美しいモノたちと共に、鎌倉に吹く風を感じながら日々のことを綴っています。 L'amour est comme le vent, nous ne savons pas d'ou il vient.

カテゴリ:◆日々のこと > ことば


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先週土曜日の14日、東京都心でソメイヨシノの開花が発表されました。

全国で一番乗りの早さで、しかも、東京の観測史上でも、最も早い開花だったそうです。

私たちが、前へ進めずにいる間にも、季節は巡って、花は咲く・・・。

桜の開花宣言は、季節が確実に動いていることを教えてくれる、うれしい知らせでした。
私たちも、花を咲かせる日を夢みて、今はしっかり、準備に励みましょう!
そこで、今日のコードは、「Bloom」。

桜は、次のシーズンに咲く花の芽を夏に出します。そのあと、秋に葉っぱを落として冬が始まると、その芽はいったん、眠りにつくといいます。
これが「休眠」、“休んで眠る”状態で、眠っている間は成長を止めて、真冬の寒さが来て初めて、目を覚まします。

で、その後は、暖かくなってゆく陽気によって成長して、無事、春に花を咲かせるんですね。
ポイントは、真冬に一定の期間、寒さにさらされる、ということ。
厳しい季節の間、人知れず準備をして、よきタイミングで花を咲かせる桜。

私たちも咲き誇る日を夢みて、今しばらくの間、心身を整えたり、自分の生活を見直してみたり・・・そんな想いをこめて、「Bloom」というコードにしてみました。

(中略)

今、こんな時期だからこそ、自分自身の状態にしっかり向き合って、メンテナンス。
春にしっかり、花を咲かせられるように、準備しておきましょうね。

2020.03.20 松任谷由実(Yuming Chordより)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ラジオから流れてくるユーミンの言葉にこころが緩やかになりました。
コロナウィルスのことなどひと言も言わず、しっかり生きる道を語ってくれるその言葉は
さすが、ユーミンならでは。

サクラの開花宣言が出ても、この状態では、出かけることもないけれど
だからこそ、しっかりと自分と向き合える時間をもらえたことを大切にして
毎日を過ごしたいと思っています。

今年は、サクラの花を買ってきてお家でお花見もいいかもしれません。

大切なのは、自分が花開くことだから・・・・


❦こころのコーディネーター
Office Tina
真山ヒロ(ティナ)

・life designer
・color 
coordinator&therapist
・aroma therapist

writer

IMG_0940

オンラインへの移行のため
Officeの整理を終えたあと、知人から
「お疲れさま。そしていつもありがとう。」と
鉢植えのお花をいただきました。

元気が出るからと手渡されたその花は
キュートなオレンジのガーベラの花

お部屋に置くと周りがとても明るくなります。


ガーベラの花ことばは
「希望」と「前進」
特にオレンジのガーベラは
「神秘」と「冒険心」
等の意味があります。


オレンジは第二チャクラの色でもあり
ポジティブな行動を促す他
コミニュケーション能力を高め
前向きに進む勇気をもらえる色です。

そして、いただいたその鉢植えには
大きなガーベラが3つ咲いていました。


3という数字の意味は
「魂」「精神」「肉体」の三位一体とも言われるように
1と3以外では割り切れない素数と言われる基本の数字。

タロットカードの中でも
精神状態を表す大アカルナの3番目のカードは「女帝」を表します。
その意味は、「豊かさ」「愛情」「繁栄」「豊穣」「母性愛」「勝利」など
希望にあふれる言葉が並びます。

なんとも幸先がよいことが並び
暗いニュースばかりの中で嬉しい春です。


この週明けには
お客様からも労いと感謝のメールをたくさんいただきました。
みなさま、いつもありがとうございます。


Office Tinaは、新たな流れにのって、これからも前に進んでまいります。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。



*撮影した写真を追加して皆様にも元気をお裾分け♡


Office Tina代表
真山ヒロ(ティナ)





☆会話が上手な人と下手な人の違い


会話が上手な人は、立場をわきまえて慎重に発言する
会話が下手な人は、立場をわきまえず軽率に発言する



会話が上手な人は、相手が聞きたい話をする
会話が下手な人は 、自分がしたい話をする



会話が上手な人は、話し方が具体的
会話が下手な人は、話し方が抽象的


会話が上手な人は、前置きが適度
会話が下手な人は、前置きが長い


会話が上手な人は、完結にわかりやすくまとめる
会話が下手な人は、全てを語ろうとして話が長くなる


会話が上手な人は、長くなる話の前に断りを入れる
会話が下手な人は、長くなる話を急に話し始める






beb4c008b64c6ae432142b4c1d080c7b-768x670

昨朝、お寺の門をくぐり
手を合わせて、ふと横を見た時に
「隠匿陽報」という言葉が目にはいりました。

そういえば、
あっという間に3月も半ば。
今月の聖語をUPしていなかったことに気づきました。

オンラインへの移行があったり、山のような荷物の整理があったりで
連日、走り回っていたわたしには
改めてわが身を振り返る言葉の一つになりました。


「受けた恩は岩に刻みなさい。貸した恩は水に流しなさい。」


この言葉は、信心深かった祖母がいつも言っていた言葉であり、
しっかりとわが母にも受け継がれた言葉でした。

「誰かに何かをしてあげたからと言って天狗になってはいけません。
反対に、何かをしてもらったことを当たり前と思ってもいけません。」


子供の頃から、こう言われて育った私には、当たり前の言葉でした。





下記は、日蓮宗ポータルサイトからの抜粋です。

ー陰徳陽報ー

「受けた恩は岩に刻め。貸した恩は水に流せ」と古人の言葉にあります。これは私たちの思いがこの反対になりがちだからこその戒めなのでしょうか。
見返りを考えず行った親切でもお礼を言われなかったり、通じていなかった時に不満を覚えることはないでしょうか。
そんな時ちょっと振り返って下さい。あなただって誰かの親切に気付いていないことがあるかも知れませんよ。思い当たったらこの言葉を口ずさんで下さい。
「誰かがあなたの力になっている。あなたも誰かの力になっている。誰かが誰かの力になっている」

https://www.nichiren.or.jp/words/




ティナ


liveでユーミンが放った「裏切らないから」
という言葉に、なぜかハッとした。


裏切る行為
裏切らない行為

これは、ひとえに信頼があるかないかなのではないだろうか。
ユーミンとファン(お客様)の間には、確かな信頼がある。

だからこそ、言えることば。


信頼の反対語を調べてみると
「疑心や不信」と書かれている。


誰かを信じることが出来ない人は
当然自分を信じることが出来ない。



結果的に不安から来るその矢印は、自分に向けられていて
誰かではなく、最もその人自身を裏切っているように思う。



どんな時の自分をも認めていれば
自分を嫌いにならず、他人を赦すことが出来ます。


何故なら
決してその人の中心は、揺らがないのだから。。。。

だから、凛と自分の足で立っている人は
それだけで美しさを感じるのだろう。



数年前にユーミンが言った言葉の中に
わたしが好きな言葉がある。


「歳を重ねると道は険しくなるが景色は絶景になる」


その景色を笑顔で見ることができるために、Office Tinaが寄り添えること・・・

わたしは、それをいつも見つめている。



ティナ




ユーミン冬の定番
「SURF&SNOW in Naeba」2020年、Vol.40
最終日 に行ってきました。

目の前に立つユーミンがその人を想いながら歌う・・・
その真摯な姿にこころを打たれました。


「音楽は“時間をデザインする”ということです。そこが他の表現と大きく違うところ。私の場合、歌作りは、ある音律にそれしかないという音律を持った言葉を乗せて編んでいきます。プロットが先に浮かぶこともあります。大好きな日本語、インターネットの暴力などによって、この先、英語に駆逐されていく運命にある美しい表現、美しい響き…歌はそれらをより軽やかに鮮やかに、あるときは憂いを含み、雨の匂いや風の色を運んで人々に届き、思い出に刻まれ、無限のストーリーになっていきます。こうしている今も、世界中で年間に500に近い部族やその言語が失われていっていると聞きます。歌はそれを口ずさむ人が死に絶えてしまったら消滅します。そう遠くない未来に私が死んで、私の名前が消え去られても、私の歌だけが詠み人知らずとして残っていくことが私の理想です」。
~2018年・
第66回菊池寛賞を受賞時の松任谷由実の言葉より~



ティナ


2019.11. 23.ローマ教皇が来日した際のメッセージに
こころを打たれました。

下記に転載します。


ローマ教皇が「ゾンビの国・日本」に送った言葉
世界一他人に冷たい国に伝えたい事


「(多くの人が、人と上手にかかわることができずに)ゾンビ化している」

とりわけ教皇が強い言葉で警鐘を鳴らしたのは、世界中で社会問題化している孤独、つまり、現代人の「心の貧困」だった。

やや長くなるが、不安な時代を生きる日本人の心にずしりと響くそのスピーチの一部を抜粋して紹介し(筆者意訳)、そこから私たちが受け取るべき意義を後述したい。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【フランシスコ教皇のスピーチ内容(筆者意訳)】

人やコミュニティ、そして全社会が、表面上は発展していたとしても、内側では、疲弊し、本物の命や生きる力を失い、中身の空っぽな人形のようになっている。(中略)笑い方を忘れた人、遊ぶことのない人、不思議さも驚きも感じない人がいる。まるでゾンビのようで、彼らの心臓は鼓動を止めている。なぜならそれは、誰かと人生を祝い合うことができないからだ。

もし、あなたが誰かと祝い合うことができたなら、それは幸せであり、実りある人生となるだろう。一体、何人の人が、物質的には恵まれていても、例えようのないほどの孤独の奴隷になっているだろうか。繁栄しながらも、誰が誰だかわからないこの社会において、老いも若きも数多くの人を苦しめている孤独に私は思いをはせる。
最も貧しい人に尽くしたマザー・テレサがかつて、予言的なことを言った。
「孤独と誰からも愛されていないという感覚は最も残酷な形の貧困である」と。

「何のために生きるのか」ではなく、「誰のために生きるのか」

自分たちに聞いてみよう。「私にとって、最悪な貧困とは何か?」「最もいい貧困とは何か?」もし、私たちが正直であるならば、わかるはずだ。
最悪な貧困とは孤独であり、愛されていないという感覚であると。
この精神的貧困に立ち向かうのは、私たちに求められる責務である。
そして、そこに、若い人が果たすべき役割がある。
私たちの選択肢、優先順位についての考え方を変えていく必要があるからだ。

それはつまり、私たちにとって最も大切なことは、何を持っているか、何を得られるか、ではなく、誰と(人生を)共有できるかということなのだということに気づくことだ。「何のために生きるのか」ではなく、「誰のために生きるのか」にフォーカスすべきなのだ。自分に問いなさい。「私は何のために生きるのか」ではなく、「誰のために生きるのか」「私は誰と人生を共有するのか」を。

モノも重要だが、人(との関係性)は欠かせない。
人なしでは私たちは人間らしさを失い、顔を失い、名前を失う。
私たちは単なる物体と化してしまう。
私たちは物体ではない。人なのだ。シラ書(*)は言う。

「信頼できる友人(人)は堅固なシェルター(避難所)である。見つけた人は宝を見つけたようなものである」。

だから「私は誰のために生きるのか」を問い続けなければならないのだ。(中略)

(*)カトリック教会において旧約聖書にあたる書物

「私たちは『魂のセルフィー』を撮ることはできない」

自分の姿を鏡で見ていても、成長し、自分のアイデンティティや良さ、内面の美しさを発見することはできない。われわれはあらゆる種類のガジェット(道具)を発明したが、「魂のセルフィー」を撮ることはできない。なぜなら、幸せになるためには、私たちはほかの誰かに自分の写真を撮ってくれ、と頼む必要があるからだ。
私たちは自分の殻から抜け出て、他人に心を向けなければならない。
特に助けが必要な人に。
自分の姿にばかりとらわれないことだ。
鏡の中の自分を見つめていれば、鏡は壊れてしまうのだ。

(中略)賢人はこう言った。
知恵を蓄えるカギは正しい答えを見つけることではない。尋ねるべき正しい質問を見つけることだ。誰もが、「どう答えるべきかをわかっているだろうか」「正しい答え方ができるだろうか」を考えるべきだ。
そして、その後には、「私は正しい質問の仕方を知っているだろうか」を問わなければならない。
正しい答えで、試験は受かるかもしれないが、正しい質問なしで人生の試験に受かることはできないのである。
(中略)私はあなたのために祈りましょう。
あなたが正しい質問をし、鏡を忘れ、相手の目をのぞき込むことができるような精神的英知を得て、成長していけるようにと。

president on-lineより転載

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


魂のセルフィーは自分では撮ることができないこと。

だからこそ、信頼できる相手が必要であること。
正しい答えで試験に受かることは出来ても
正しい質問で人生の試験には受かることができないこと。

自分を見つめるセミナーは、数年前に比べて、大流行です。が、その中で大切なこと
は、相手を思いやる心や感謝忘れては出来ないものです。

ゆえに、ひとりでは自分を見つめることは出来ないと教皇はおっしゃっているのでしょう。

人は、ひとりでは生きられないのだから・・・・。

Office Tina
真山ヒロ(ティナ)

*この記事は予約投稿になります。



「風のことば~その向こうへ~」は
江ノ電長谷駅近くの「idobatacoffee」でも販売致しております。
https://www.instagram.com/explore/tags/idobatacoffee/?hl=ja


◆「風のことば」過去のご感想は、こちらから⇒
◆「風のことば」amazonレビューはこちらから⇒
♡わたしの想いを綴ったカテゴリー「風の言葉」はこちらから⇒
◇YouTube  はこちらから⇒☆ 




 




4c954426b55af4b72cddce2dd0cf9322-768x666

少し遅くなってしまいましたが、今月の聖語です。

お客様たちはいらっしゃる前に、近くのお寺に立ち寄り、手を合わせ、毎月の聖語を読んでから
オフィスへいらっしゃいます。

下記は日蓮宗のポータルサイトからお借りしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

沙婆と申すは忍と申す事なり

『四恩鈔』/
弘長2年(1262) 聖寿41歳




ー人生のアスリートー

この世を人は娑婆とも呼びます。語源は梵語の「サハー」に由来し、苦しみを耐え忍ぶ世界ということです。
ところで今年は東京オリンピック・パラリンピック。アスリートたちは出場を目指し今まさに胸突き八丁。様々な思いで日々練習の苦しみに耐え忍んでいます。しかしその忍耐があるからこそ表彰台で光る涙がこぼれ落ちるのではないでしょうか。
苦しみは人を成長に導くエネルギー源です。私たちも人生の表彰台を目指すアスリートなのです。


日蓮聖人ご遺文

『四恩鈔』

本鈔は日蓮聖人伊豆流罪の折に書かれたお手紙です。
幕府に『立正安国論』を奏進するや次々起こる迫害の嵐。遂に伊豆流罪となられました。
しかし本鈔冒頭で「大いなる悦び」と語られるように流罪自体がご自身の法華経信仰の正しさの証しと受け止めておられます。
そしてその迫害者たちに対しては「恩深き人」とまで述べておられます。
「忍」の極みに見えて来るのが「恩」なのです。

弘長2年(1262)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

⋆四恩とは
4種の恩。心地観経では、①「父母の恩」②「一切衆生の恩」③「国王の恩」④「三宝(仏法僧)の恩」
を挙げ、日蓮大聖人はこれを「四恩抄」(937㌻)などで引かれている。
なお「報恩抄」(293㌻)では一切衆生の恩に代わり、「師匠の恩」が挙げられている

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ちなみに、一月の聖語と解説は、こちらから。
https://www.nichiren.or.jp/words/2020/01-973/


なにかの参考になれば幸いです。


Office Tina
真山ヒロ(ティナ)
「風のことば~その向こうへ~」は
江ノ電長谷駅近くの「idobatacoffee」でも販売致しております。
https://www.instagram.com/explore/tags/idobatacoffee/?hl=ja

◆「風のことば」過去のご感想は、こちらから⇒
◆「風のことば」amazonレビューはこちらから⇒
♡わたしの想いを綴ったカテゴリー「風の言葉」はこちらから⇒
◇YouTube  はこちらから⇒☆ 






手軽に読める論語を
たまたま、書棚から出したのは
誕生日の前日でした。

改めて、読んでみると
こうして自分の人生を振り返る
誕生日という一日は
とてもありがたくて貴重な一日だと思うのです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

十有五にして学に志す。
三十にして立つ。
四十にして惑わず。
五十にして天命を知る。
六十にして耳したがう。
七十にして心の欲するところに従えども、のりをこえず 

【 現代語訳】
15歳の時には学問で身を立てようと志を立て
30歳の時には自分の立場というものができた。
40歳の時には自分の生き方に迷うことがなくなり
50歳の時には天から与えられたおのれの使命を知った。
60歳の時には人の意見に耳を傾けることができるようになり、
70歳の時には自分のしたいようにしても、周囲との調和が保てるようになった

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わたしにとっての15歳は
ただただ楽しくはじけるような若さと希望があった年齢でしたが
ここに書かれているそれぞれの年齢は
きっと誰もが何かの節目を感じた年なのかもしれません。

これから迎えるその年には
少しでも孔子に近づいていたいものです。


Office Tina
真山ヒロ(ティナ)

「風のことば~その向こうへ~」は
江ノ電長谷駅近くのidobatacoffeeでも販売致しております。
https://www.instagram.com/explore/tags/idobatacoffee/?hl=ja


◆「風のことば」過去のご感想は、こちらから⇒
◆「風のことば」amazonレビューはこちらから⇒
♡わたしの想いを綴ったカテゴリー「風の言葉」はこちらから⇒
◇YouTube  はこちらから⇒☆ 










【坂東玉三郎】未来へのメッセージ「努力の意味/徹底的に見つめる」
https://www.youtube.com/watch?v=DQW5pCcMTOo


人間国宝 坂東玉三郎 
限界を超えて
その向こうへいったひとのことばは
凄みがある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
五代目玉三郎は、梨園の出でないばかりか、小児麻痺の後遺症をリハビリで克服したこと、
その影響で左利きになったこと
女形としては長身であること
(公称173センチ、かぶり物などをすると190センチ台になる)
芸風や活動方針を巡って六代目歌右衛門との間に永年の確執があったこと(後年和解)など
数々の苦難を克服しつつ精進を続けて今日の地位を築きあげた
現在の歌舞伎界における希有の存在である。
wikiより

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう10年ほど前になるでしょうか・・
玉三郎さんのメッセージを聞きながら
永平寺での参禅を体験した時のことを思い出しました。
後に、やはり同時期に参禅を体験したと言う警視庁の女性教官と
「本当に辛い修行でしたね。」と苦笑いした想い出があります。
そこで、毎日の食事を大切さを学ばせていただいたのことは
わたしにとって、とても貴重な体験ででした。
そして、「典座」が、禅宗において、
最も信任のある僧が任命されてきたものということを知ったのも
この永平寺の修行を通じてのことだったのです。



Office Tina
真山ヒロ(ティナ)

「風のことば~その向こうへ~」は
江ノ電長谷駅近くのidobatacoffeeでも販売致しております。
https://www.instagram.com/explore/tags/idobatacoffee/?hl=ja


◆「風のことば」過去のご感想は、こちらから⇒
◆「風のことば」amazonレビューはこちらから⇒
♡わたしの想いを綴ったカテゴリー「風の言葉」はこちらから⇒
◇YouTube  はこちらから⇒☆ 







↑このページのトップヘ